ano 学ぶログ

触れて学んで発信・共有する...ゲーム等の趣味、ブログ開設等で学んだことを記事に

ずっと見てきたから 【恋する小惑星 11話 感想】

 

【恋する小惑星

 

「11話 きら星チャレンジ!」

 

 ↓前回の記事はコチラ↓

ano-manablo.hatenablog.com

 

 

 

 

色んな人の力を借りながら

密かに沖縄へ行く準備を進めていたあお。


f:id:anogra:20200328145416j:image

 

計画を知らない人からしたら

「まさか沖縄に来るとは」

 

...と言うより

 

「まさかあおがこんな行動を取るとは」

ということに驚いていそう。 

 

 

あおは一番変わった子なのかも。


f:id:anogra:20200328145615j:image

 

困難は人を成長させるんだな...と

あおを見て改めて感じた。

 

そしてその過程や成長した姿をみること

 

 

それこそが見る意味というか、

価値...楽しみである。


f:id:anogra:20200328145658j:image

 

あおの真剣さ、行動力のお陰で

こうして一緒にきら星チャレンジに

向かう事が出来た訳だけど...

 

きちんと帰ったら

協力してくれた人たちにお礼をしないと。


f:id:anogra:20200328145722j:image

 

ある意味信頼されてるよね、みらw


f:id:anogra:20200328145921j:image

 

事前連絡で見学可?

 

原作には無かった部分。


f:id:anogra:20200328145956j:image

 

一緒に正式参加者として参加

...する事は叶わなかったけど

 

 

違う形でこうして

一緒に行く事ができて良かった。

 

 

みらの顔にも笑顔が。

 

 

 


f:id:anogra:20200328145940j:image

 

旅、旅行先での新たな出会いや

そこでチームやコンビを組む話って

やっぱりワクワクするなぁ。

 

 

 

 


f:id:anogra:20200328150105j:image

 

会場到着。


f:id:anogra:20200328150151j:image

 

他の団体等も使用するのか。


f:id:anogra:20200328150227j:image

 

他の参加者も続々と集まる中

 

 

あおは見学を許可してもらう為に

想いを伝えると共にお願いをする。


f:id:anogra:20200328150246j:image

 

紙の重さは愛の重さ想いの強さ


f:id:anogra:20200328150303j:image

 

いや本当、あおのやる気、真剣さには

驚かされてばかり。

 

ここまでやれる想いの強さは

見習いたいなぁ...。


f:id:anogra:20200328150345j:image

 

ドーモ、困ったちゃんです。


f:id:anogra:20200328150507j:image

 

遠藤先生のフォローが

毎度ながら有難い。


f:id:anogra:20200328150606j:image

 

実際今回も、またそれ以外のことでも

こういった行動をされたら主催者側は困るよね...。


f:id:anogra:20200328150756j:image

 

それを「困ったちゃん」

で済ませてくれるのだから良い人達だ。

 

 

 

...そしてその頃


f:id:anogra:20200328150830j:image

 

舞先輩達は合宿へ。

 

桜先輩真理先輩が引率代わりか。

 

f:id:anogra:20200328151008j:image

 

あおの急な見学が認められ喜ぶ人に...

 

 

 

前回の電話越しみたいではなく

地学部と桜先輩真理先輩が一緒にいるシーンを

見ることができるとは...!!


f:id:anogra:20200328151033j:image

 

2人も嬉しいだろうなぁ...。


f:id:anogra:20200328151058j:image

 

 

 

悠はあおの行動、

それに強力したことに納得いかない様で...


f:id:anogra:20200328151127j:image

 

悠の意見は間違っていない。

 

 

実際参加することも

それ以前に沖縄に行くまでの準備も

 

多くの人に迷惑をかけて、無理を言って

何とか可能にしている状態。

 

 

その行動について正しいかだけではなく

周りの人のことも考えていて、


f:id:anogra:20200328151157j:image

 

もしあおが沖縄まで行ったのに

断られたら...ということに対しても

 

「そんな行動はいけない」

 

と言っているのではないかな、と。

 

 

 

「正しさ」で言えば悠の言葉通り

 

 

その通り...なんだけど

 

 

でもそれだけじゃない。

 

 

 

ずっと頑張っていたから、

ずっと頑張っていたのを見てきたから

 

 

本人は無茶をしても叶えたいと強く思い

周りは叶えて欲しいと支えようとする


f:id:anogra:20200328151311j:image

 

その熱意に本人も、周りも

強く心を動かされてきた。

 

時に「正しくない」と解っていても

その想いに体が動いてしまう。


f:id:anogra:20200328151352j:image

悠も2人の真剣さを知っているし

自分自身やりたいことがある。

 

悠は何を想ったか.........

 

 


f:id:anogra:20200328151420j:image

 

研修室でまずは自己紹介。


f:id:anogra:20200328151448j:image
f:id:anogra:20200328151511j:image

 

地学部以外の人も何人か...

 

そして、

 

変...中々個性的な人が多い。


f:id:anogra:20200328151705j:image

普段は周りを振り回すメインキャラが

逆に振り回されたり引いたりする程の

やべーキャラがすきw

 

 


f:id:anogra:20200328151855j:image

 

分野が分野だけあって

辛いスケジュールだなぁ...。

 

そして時間帯が制限されるのも痛い。


f:id:anogra:20200328151926j:image

 

 みらのコミュ力の高さも

羨ましいなぁ...。


f:id:anogra:20200328152005j:image

 

参加者一ヤバそうな人に

目を付けられるあお。

 

「アナタの脳...面白そう」


f:id:anogra:20200328152026j:image

 

これは解剖されるな...。

脳パッカーン。 

 

 

 

自己紹介の次は見学。


f:id:anogra:20200328152100j:image

 

日本に4か所ある巨大なアンテナ

 

受信した電波からデータを見る...とのこと。


f:id:anogra:20200328152119j:image

 

いや大きいなぁ。

 

電波望遠鏡とは面白い。


f:id:anogra:20200328152148j:image

 

強い電波を発する天体を観測して、

そこから立体地図を作り出そうとしている...

 

天体の正確な位置がこの計算でわかるのか...。

 

 

この図での説明は解りやすいなぁ。


f:id:anogra:20200328152216j:image

 

群り被し望遠鏡

 

小惑星探しに利用するのがこちら。


f:id:anogra:20200328152249j:image

 

あおがずっと待ち望んでいた望遠鏡。 

 

こうしてみることができて嬉しいだろうなぁ。

 

 

原作でのここのあおがw


f:id:anogra:20200328152328j:image

 

夜の観測に向けて各々準備。

 

体力勝負だから

しっかりエネルギーはつけないと。


f:id:anogra:20200328152428j:image

 

ハンバーガーになりたい。


f:id:anogra:20200328152505j:image

 

みらと同じチームになった史穂(電波系やべー奴)

の先生が遠藤先生が参加した時のチームの一人。

 

こうしてまた会えるとは...と話が弾む2人。


f:id:anogra:20200328152527j:image

 

ここのシーン、会話を聴いていると

未来のみらとあおの関係、付き合い方は

どうなっていくのか...を考えてしまう。

 

そしてどういった形を望むのか、

どこまで妥協するのか

 

 

無茶を続けてずっと近くに居続けるのか、

偶然に賭けて そうなる様願うのか

 

 

或いは...

 


f:id:anogra:20200328152545j:image

 

漸く小惑星探し。


f:id:anogra:20200328152621j:image

 

みらの成長が凄い。

 

知識がかなり身についている。


f:id:anogra:20200328152715j:image

 

この中だと飛鳥が少し

ついていけない感じかな?


f:id:anogra:20200328152908j:image

 

もっと近くに来て

一緒に話を聞いていいと言われ

 

この表情。 

 

 花島さんありがとう。


f:id:anogra:20200328152932j:image
f:id:anogra:20200328153004j:image

 

この辺りの知識って

地学に触れる人なら必須レベル?

 

「天体」一つに絞った時、何処から学ぶのか

何処まで知っていれば十分なのか...

 

その辺りが気になった。


f:id:anogra:20200328153023j:image

 

一つの領域の撮影でも丁寧にやるから

結構時間がかかるのか。


f:id:anogra:20200328153055j:image

 

小惑星は映っても


f:id:anogra:20200328153111j:image

 

殆どは既に発見されたもの。

(これ除外する機能あれば良いのに)

 

そして新しい小惑星を探したいのなら

2日以上は必要と言われている様で...。


f:id:anogra:20200328153140j:image

 

そして天気が崩れてきて... 

 

 


f:id:anogra:20200328153225j:image

 

天候の問題って

人にはどうしようもない所があるから


f:id:anogra:20200328153243j:image

 

大概は諦めるしかないのが辛い所。


f:id:anogra:20200328153331j:image

 

皆みらとあおの夢と

それに対する真剣さを知っているから


f:id:anogra:20200328153423j:image

 

心配にもなるよね。


f:id:anogra:20200328153452j:image

 

ここで動き出したのが、悠。


f:id:anogra:20200328153510j:image

f:id:anogra:20200328153637j:image

 

自分に何が出来るか、

自分は何がしたいか

 

真剣な人に同じ気持ちで応じたい


f:id:anogra:20200328153718j:image

 

悠のこういった所が好き。

 

 「てるてる坊主?お祈り?...馬鹿馬鹿しい 

 天気なんてどうしようもないんですから

 限られた時間で見つけられる様策を...」

 

...みたいに言わない所が良い。

 

 

 

...大丈夫

 

なんたって鼻貴族で作るてるてる坊主、

...それも複数なのだから

 

効果があるに決まっている。

 

 

 

 

観測の方はあまり順調ではなく


f:id:anogra:20200328153739j:image
f:id:anogra:20200328153800j:image

 

休憩しながら晴れるのを待つことに。


f:id:anogra:20200328153831j:image

 

遠藤先生達の昔の話。


f:id:anogra:20200328153852j:image

 

昔「は」真面目だった。


f:id:anogra:20200328153911j:image

 

あお「若い...」


f:id:anogra:20200328153928j:image

 

仁科という人も同じチームだったみたいで


f:id:anogra:20200328154023j:image

 

天文に限らず学ぶことそのものが

大好きだったとのこと。

 

今は海外で天文学者をしている。


f:id:anogra:20200328154051j:image

 

...どこかの2人に似ているなぁ。


f:id:anogra:20200328154118j:image

 

同じ分野が好きでも

差が生まれたり離れてしまう...

 

ずっと一緒にいるのって難しい。

 

 

それでも出会えたことは

大切にするべき...


f:id:anogra:20200328154144j:image

 

普段の遠藤先生の評価よ...w


f:id:anogra:20200328154219j:image

 

「仮眠室お借りします///」

 

 

「私も」 ←コレ


f:id:anogra:20200328154322j:image

 

一体2人で何を...。

 

.........おっと、ここから先は通行止めヨ


f:id:anogra:20200328154400j:image

f:id:anogra:20200328154419j:image

 

でも遠藤先生の言葉は

本当その通りだと思う。

 

人との出会いは見識を広げてくれるし、

辛い気持ちになることもあるけど

 

自分の未熟さを知る良い機会になる。


f:id:anogra:20200328154444j:image

 

天候悪化。

 

一日目の観測はここで諦めることに。


f:id:anogra:20200328154612j:image

 

 一日目の残り時間は

観測の練習をすることに。

 

勿論あおも参加する気満々。


f:id:anogra:20200328154635j:image

 

いっぱい作ったなぁ...。

 

 

この想いが伝わつてくれたら嬉しい。


f:id:anogra:20200328154659j:image

 

ここの悠格好良い。


f:id:anogra:20200328154720j:image

 

頑張る2人を想う仲間の...

 

何より後輩の想い、届いたかな?


f:id:anogra:20200328154741j:image

 

 今度こそ...!!


f:id:anogra:20200328154813j:image

 

真理先輩が可愛すぎて一時停止即押しした。


f:id:anogra:20200328154827j:image

 

 

 

 

残された時間は、チャンスは後僅か。


f:id:anogra:20200328154906j:image

 

それでもまだチャンスはある。


f:id:anogra:20200328154933j:image

 

体力的にも辛いかもしれないけど


f:id:anogra:20200328154945j:image

 

 このチャンスは無駄にしたくない。


f:id:anogra:20200328154958j:image

f:id:anogra:20200328155013j:image

 

もうひと踏ん張り...!!

 

 

 

 

 

 【我が心石に非ず 一念通天】

 

夢と熱意が与えるものとその影響範囲

夢への向き合い方

 

大人になってからの親友との付き合い方

 

どんな人が夢を叶えるのか

 

 

...色々な事を考えさせられた11話だった。

 

 

 

そして人との繋がりについて。

 

この先みらとあおで小惑星を見つける日が来た時、

見つけたのは2人「だけ」ではないのだろうと。

 

多くの人の支えがあって夢を掴み取れる。

 

「周りにお礼を言う」というのは

勿論すべきことなんだけど...

 

 

その繋がりを当たり前だと思わず

大切にしていくんだと思うようにしていくべき

...だと感じた。

 

いつも誰かに支えられている。

 

みら達がネットなり資料なり

講義なりで得ている知識や観測の道具も

全て今まで挑戦してきた人が残してくれた物。

 

 

例えその出会いが一瞬であったとしても

自分を動かす大切な一つ。

 

出会いも大切に。

 

 

 

 

残って合宿をする新旧の

地学部メンバーの描写があり大満足。

 

 

みらとあおを心から心配し

支えようとする部員達、

 

もう私達が必要以上に出しゃばってはいけないと

現・部員、現・部長を信じて見守る人、

 

相手の主張を決して否定せず、

肯定、受け入れたうえで両者の立場に立って

フォローをする部長、

 

 

それぞれの魅力・成長を感じるシーンがあり

入れて正解だと思える内容だった。

 

 

 

 

 

...最終回

f:id:anogra:20200328155034j:image