ano 学ぶログ

触れて学んで発信・共有する...ゲーム等の趣味、ブログ開設等で学んだことを記事に

雨照らす ペトリコール【恋する小惑星 10話 感想】

 

【恋する小惑星

 

「10話 雨ときどき占い」

 

 ↓前回の記事はコチラ↓

ano-manablo.hatenablog.com

 

 

 

新学期。

 

勝手に勧誘活動をして舞先輩に止められる

みらとあお。


f:id:anogra:20200320220621j:image

 

そして髪をバッサリと切った萌。

 

 

みさ姉の言葉を受けてのこと。

 

 

………失恋か。


f:id:anogra:20200320220651j:image

 

部費アップと地学部を残すため


f:id:anogra:20200323225202j:image

 

作戦会議。


f:id:anogra:20200323225220j:image

 

…この3人に勧誘されて

入部しない人なんているのかな?


f:id:anogra:20200323225248j:image

 

遂にナナチカ登場。

アニメ9~10話ってキャラ追加が多い。

 

 

 

 

 


f:id:anogra:20200323225320j:image

 

みら「私達………何処かで…?」

 

千景「奇遇です…私も同じことを考えていました」

 

 

 

 

 

しかしみらの「絵が上手い」という長所は

色んな所で役に立つなぁ。


f:id:anogra:20200323225353j:image

 

活かしやすい設定でもあるか。


f:id:anogra:20200323225514j:image

 

「気象」を深く学ぼうとしている七海悠と


f:id:anogra:20200323225534j:image

 

桜先輩に影響され

石と「占い」に興味がある桜井千景。


f:id:anogra:20200323225632j:image

 

相変わらず桜先輩愛が凄いw


f:id:anogra:20200323225705j:image

 

「姉から聞いていた通り良い人」


f:id:anogra:20200323225838j:image

 

「姉から聞いていた通り可愛い」

 

 

千景のお陰で桜先輩がどんなことを考え、

思っていたのか分かる。

 

 

その調子で色々教えて欲しい。

 

f:id:anogra:20200323230048j:image

 

入部しに来たのが少人数で

他の人は先輩たちを知っていて、

 

何かしらの形で繋がりや

繋がれる話題がある人がいる状態...

 

ここでの悠の立場を考えると

凄く居づらいだろうなぁ...と思う。


f:id:anogra:20200323230144j:image

 

繋がれる話題もあり

比較的話しやすい千景に対して...

 

悠との最初の出会いは

あまり良い雰囲気ではなく.........

 

 

 

親戚が洪水被害に遭い、

人の役に立ちたいと思うようになった悠。

 

「義務感をもって取り組むべき」

という言葉に各々思う所があり...


f:id:anogra:20200323230407j:image

 

「気象を学べる環境を用意できるか」

 

「先のことまでしっかり考えていて凄い」


f:id:anogra:20200323230547j:image

 

「何かに触れた時の”楽しい”という気持ちを

 知ってほしい、体験してほしい」

 

 

 

ここの、ここからのBGMが最高。

 

BGMを聴くだけの為に

何度早戻しボタンを押したことかw

 

曲の雰囲気が物凄く好み。


f:id:anogra:20200323230726j:image
f:id:anogra:20200323230756j:image

 

ここ夫婦。

 

 

 

部員勧誘も大切だけど

2人の夢の達成も大切。

 

同時並行できら星チャレンジの

書類作成を進める。


f:id:anogra:20200323230906j:image

 

7人というのは中々に狭き門。

 

そこまで絞る為に何を重視するのか...。

 

 

 

...何て考えていたけれど

 

 

 

...あー、成程...。


f:id:anogra:20200323230935j:imagef:id:anogra:20200323231108j:image

 

だから「ああなった」...というか

目に留まったのかな?

 

 

改めてここのシーンを観て思った。

 

...まぁそれはこの先で改めて。

 

 


f:id:anogra:20200323231220j:image

 

落ち着いた雰囲気の増す

ストレートあおがやっぱり一番良い

 

...かと思ったけど他も他で良いなぁ...。

(結論:どれも最高で一つに決められない)

 

 

 

みらは新入部員の為にバーベキューを提案。


f:id:anogra:20200323231307j:image

 

このフレンドリーさは

後輩からしたら有難いか。


f:id:anogra:20200323231340j:image

 

手っ取り早くデレさせるなら

餌付けが一番確実。 

 

 

食べ物に関しては素直な悠。

 

マシュマロをリクエストした悠の為に

マシュマロを多めに選ぶみら。


f:id:anogra:20200323231453j:image

 

完全ではなくて一瞬であっても

 

悠が自分の気持ちを素直に教えてくれたことが

みらにとって物凄く嬉しかったのではないかな?


f:id:anogra:20200323231511j:image

 

しかし...


f:id:anogra:20200323231535j:image

 

当日の天気...


f:id:anogra:20200323231556j:image

 

遠藤先生のお陰で

バーベキューはできることになったけど...

 

 

? ...あれ、萌がいる


f:id:anogra:20200323231634j:image

 

まーたこの人は...。

 

 

けど良い一面も多く見せるから

責めるに責められないのが...

 

何ともズルい先生だ。(褒め言葉)


f:id:anogra:20200323231656j:image

 

新入部員達よ、これが地学部だ。

 

 

ゆる~いだろう?

 

 

 

 

ここでのみらの台詞がi...

「大丈夫ですよ、私ティッシュ

 沢山もってきましたから!」


f:id:anogra:20200323231750j:image

 

ドヤァ...(可愛い)


f:id:anogra:20200323231824j:image

 

こういうことしているから

桜先輩と視聴者から可愛いって言われるんだ。


f:id:anogra:20200323231902j:image

 

皆も当然かのように

準備の手を止めて作り始めたw


f:id:anogra:20200323232002j:image

 

...新入部員達よ、これが地学部だ。

 

 

 

バーベキュー開始。


f:id:anogra:20200323231932j:image

 

新入部員が入ってすぐのこのタイミングで

こういった交流の場・イベントが

恒例行事としてあるのは良いこと。

 

 

そして恒例のニックネーム付けタイム。


f:id:anogra:20200323232040j:image

 

この相手に不快感を与えず

ドンドンと距離を詰めていける人って

 

凄いなぁ…と思ってしまう。


f:id:anogra:20200323232106j:image

舞先輩はこうして恒例となったイベントを

もう3回目も見ている訳だけど、

 

「懐かしい」と言う以外にも

思うものがあるのではないかな。

 

 

「後輩として参加」から「先輩として参加」

する形に変わったし、

 

…これが最後の参加になるわけだし。


f:id:anogra:20200323232128j:image

 

まさかバーベキュー中に

「あれ」を食べられるなんて

 

最初は驚いたなあ。

 

 

原作ではみらが作って失敗していたけど

アニメでは萌が参加・調理している。

 

萌が作るなら上手くいきそう。

 

 

 

「…おにくおいしい」


f:id:anogra:20200323232145j:image

 

肉一欠片でこの笑顔が拝めるという幸せ。

 

 

千景の第一印象は(ビジュアルだけ見た時)

「あまり喋らない大人しい子」

だったけど、

 

こうして話しているところを見ていると

決して暗い子ではないな、と。

 

しっかり感情を出すし、会話もする。

 

 

後は悠との関係も深めていきたいけれど…


f:id:anogra:20200323232203j:image

 

身内が洪水被害に遭い


f:id:anogra:20200323232249j:image

 

あんな顔はもう見たくないと

気象を学び「役に立たないといけない」

 

…そう考えたのは理解した


f:id:anogra:20200323232405j:image

 

義務感を持ち、誰かのために

学ぼうとするのは確かに立派だけど


f:id:anogra:20200323232459j:image

 

それだけのために気象を学んでいても

辛いだけではないかな。

 

 

 

ここで千景がナイスアシスト。


f:id:anogra:20200323232541j:imagef:id:anogra:20200323232603j:image

 

義務感に縛られている今の悠にびったりな石

 

よく持ち合わせていたなぁ。

 

 

「悠にいつか渡そうと持ち歩いていた」

という考えが実はあった…と妄想するのも良い。


f:id:anogra:20200323232712j:image

 

妹だからなのかな

 

周りをよく見ていて

さり気なく、でも的確なフォローや

サポートができる。


f:id:anogra:20200323232757j:image

 

「役に立たないといけない」

…という気持ちは聞かせて貰ったけど。


f:id:anogra:20200323232901j:image

 

それは「誰かのためにそうしなければ」

という義務感から生まれたもの


f:id:anogra:20200323232945j:imagef:id:anogra:20200323233006j:image

 

その時感じた自分の無力さ

 

それを何とかしたい気持ちも誰かのため。


f:id:anogra:20200323233032j:image

 

まだ悠の

「自分自身は何をしたいか」を聞いていない。

 

 

 

漸く雨も上がり………


f:id:anogra:20200323233059j:image

 

そこには虹が。


f:id:anogra:20200323233123j:image

 

正確には虹ではない?

 

悠曰く、「環水平アーク」と呼ばれる

特定条件下出ないと見られないものらしい。


f:id:anogra:20200323233141j:image

 

楽しそうに解説を始め、

今までにない表情を見せる悠。


f:id:anogra:20200323233158j:image

 

本当は義務感以前に気象に興味があり

自分自身の為に純粋に知りたい、学びたいと

 

そういった気持ちがちゃんとあるはず。


f:id:anogra:20200323233216j:image

 

その気持ちも…ではなく


f:id:anogra:20200323233234j:image

 

その気持ちを何よりも大切にしてほしい。

 

 

 

少しは肩の力が抜けたかな?


f:id:anogra:20200323233254j:image

 

ここのナナチカが可愛すぎる。

 

 

 

 

 

完成。

 

アメリカンドッグ………ではなく


f:id:anogra:20200323233313j:image

 

バウムクーヘン

 

かなり時間がかかる上に難しいらしいけど、

そこは流石パン屋の娘、

 

かなりのクオリティ。


f:id:anogra:20200323233344j:image

 

新入部員との関係も深まったし

バーベキュー雨天決行して正解かな。

 

 

 

これまでの先輩達の姿から

あまり真剣に活動をしていない

 

…と思っていたかはわからないけど


f:id:anogra:20200323233451j:image

 

みらあおの夢への真剣さを知り

悠もみら達を見る目が変わったのでは?

 

 

実際高校生で夢の為に

同居という選択肢をとる人なんて

決して多くない…筈。

 

そこまでできる人がどの位いるだろうか。



 

 

きら星チャレンジの書類選考の結果が届く。


f:id:anogra:20200323233537j:image

 

まさかのみらが書類選考突破


f:id:anogra:20200323233606j:image

 

………そしてまさかのあおが書類選考落ち。

 

 

これは最初驚いたなぁ。


f:id:anogra:20200323233627j:image

 

落ち込むみらあおに

桜先輩と真理先輩からエール。


f:id:anogra:20200323233647j:image

 

「得たものにもしっかりと目を向け

 前向きに考えていけ」

 

そう、それが大切。

 

 

夢に大きく近づくチャンスとはいえ

きら星チャレンジに参加することが

最終的なゴールではない。


f:id:anogra:20200323233718j:image

 

落ち込むのは仕方ない

 

けれどいつか前を向いて動き出さなければ

夢には届かない。


f:id:anogra:20200323233736j:image

 

…ここに来て、あおが頼もしくなってきた。


f:id:anogra:20200323233752j:image

 

今まではみらがあおを引っ張っていたのに

いまではその立場が逆転。

 

 

引っ越しの件で本当にあおは逞しくなった。


f:id:anogra:20200323233814j:image

 

…こんなの惚れてしまうに決まってる。

 

 

 

 

 

遠藤先生引率の下、みらは沖縄へ。


f:id:anogra:20200323233831j:image

 

夢の為に、あおの分まで頑張ってこよう


f:id:anogra:20200323233844j:image

 

………とか思っていたら


f:id:anogra:20200323233901j:image

 

「き…来ちゃった…❤」


f:id:anogra:20200323233915j:image

 

まさかこの台詞を聞く機会が訪れるとは…

 

 

 

 

 

 

 【イシは硬く、眩しい】

 

 

…あおの行動力、以前との差が凄い。

 

「みらと再開できたのにまた離れてしまう」

 

…という危機感から

変わる必要があったのだろうけど………

 

 

それにしてもこの行動力は

そう真似できるものではない。

 

 

あおはいざという時頼もしく、

そして周りも想像していなかった

大胆な行動をとってしまうタイプみたい。

 

こうなったらもう止まらないし、

みらのような普段明るいが、一度躓くと脆い

………といったタイプの人より頼もしくなる。

 

 

 

新入部員のナナチカはキャラ単体でもすき。

でも2人セットでいる後景はもっと好き。

 

お互い会ったばかりだというのに

距離が近いように見えるし………

 

 

 

それにあの2人から溢れる夫婦感は

一体何なのだろうか………?

 

 

 

 

次回

f:id:anogra:20200322212459j:image