ano 学ぶログ

触れて学んで発信・共有する...ゲーム等の趣味、ブログ開設等で学んだことを記事に

それぞれのこれまで ここから【恋する小惑星 9話 感想】

 

【恋する小惑星

 

「9話 本当の気持ち」

 

 ↓前回の記事はコチラ↓

ano-manablo.hatenablog.com

 

 

 

観る栄養剤、恋アス。


f:id:anogra:20200314114543j:image

 

OPもやはりまた変化。


f:id:anogra:20200314114627j:image

 

お、この2人は………。


f:id:anogra:20200314114721j:image

 

新キャラ続々よりどりみどり。

 

まだいないのは………水色髪かな?

 

 

 

 

 

 

いつまでふたりでいるのかな

 

おいしくできたらいただきます

 

しらないままでもいいのかな


f:id:anogra:20200314114818j:image

 

…は秘密だよ (秘密なの?)

 

 

恋アスの登場を予想していたかの様な歌詞。

やはりキルミーは神。


f:id:anogra:20200314114905j:image

 

早速1ページ目から脱字。

 

「婚」が足りないじゃないか。

 

 

夢の為にここまで出来ることは凄いし

それ程真剣に、夢中になれるものがあるのは

羨ましさもある。


f:id:anogra:20200314115215j:image

 

………で内容もしっかりたっぷりあるみたい。

 

 

ただ「頑張って何とかする」

…といった内容が多く

 

不安定で周りへの負担が大きい感じかな、と

 

 

あお母が言う「親目線で見たら考えが甘い」

というのはそういった所なのかな。


f:id:anogra:20200314115642j:image

 

まあお金、それも大金が絡む話ともなれば

子供では出来ることに限界があるのも事実。

 

こればかりは仕方ない。


f:id:anogra:20200314115852j:image

 

みさ姉の言葉を思い出すあお。

 

 

「○○なりに最後まであがいてみろ」

…みたいな台詞大好き。


f:id:anogra:20200314120013j:image

 

きっかけは何時、何処で、誰だったか………

 

 

桜先輩と真理先輩に頼り、

付いていくことが多かった舞先輩が

自立し、誰かのために動ける存在となり…


f:id:anogra:20200314120055j:image

 

今度はこうしてあおが

自分の気持ちを伝えられる様になった。


f:id:anogra:20200314120128j:image

 

やっぱりこういったワガママは

親への負担になるのかもしれない

 

生活のために、

そしてそのワガママを叶えてあげる為に

何かを削って生きていかないといけない

 

その負担は親にとって「辛い」と思う。

 

 

…けれど


f:id:anogra:20200314120211j:image

 

それだけじゃないのかもしれない

 

…と、ここをみて感じた。


f:id:anogra:20200314120237j:image

 

子供にはまだわからない

 

けれどいつか親になった時、

わかるであろうその気持ち。


f:id:anogra:20200314120329j:image

 

子供の熱意、真剣な姿勢とか。

 

 

 

………そして無事、同居を認めてもらえて


f:id:anogra:20200314120459j:image

 

また二人の夢に二人で向かっていけることに


f:id:anogra:20200314120542j:image

 

………所で式はいつ挙げる?

 

 

 


f:id:anogra:20200314120609j:image

 

これでみらあおの悩みが一つ解決。

明るい気持ちで新学期を迎えられる。


f:id:anogra:20200314120637j:image

 

…しかしまた別の所で悩みを抱えている人が

 

 

………誰だこの美少女

 

 

 

桜先輩から萌に相談事。


f:id:anogra:20200314120706j:image

 

この組合せは珍しいだけではなくて

 

両者の普段はあまり見られない一面が

たっぷり見られるところが良い。


f:id:anogra:20200314120734j:image

 

また頼み事とはいえ、

桜先輩の方から声をかけた所も良いと思う。


f:id:anogra:20200314120807j:image

 

桜先輩の地学部ハーレム計画w


f:id:anogra:20200314120834j:image

 

萌の性h…思考に

一歩距離を置いて接しているから

 

桜先輩はペースを崩されず

相手ができるのかな…?


f:id:anogra:20200314120912j:image

 

今回は萌の色んな姿を堪能できるなぁ。


f:id:anogra:20200314120956j:image

 

恋する発酵娘

 

 

バレンタインデー前日にチョコ作りの指導。


f:id:anogra:20200314121103j:image

 

萌って料理全般…パン系以外も

レベル高いのかな………?


f:id:anogra:20200314121215j:image

 

???「桜先輩の初めてのチョコ!?」ガタッ

 

 

 

そしてバレンタインデー当日。


f:id:anogra:20200314121305j:image

 

皆でワイワイチョコを取り出し見せ合いっこ

 

 ↓

 

恥ずかしく中々チョコを見せられずにいる

桜先輩…が覚悟を決めてチョコを見せる

(勢いよく、頬を赤らめ目をそらしながら)

 

 

…最高じゃないか。


f:id:anogra:20200314121345j:image

f:id:anogra:20200314121456j:image

 

これが嬉しくない人なんていない(断言)


f:id:anogra:20200314121546j:image

 

萌の協力もあってかなりのクオリティ。

 

 

渡す、気持ちを伝える…だけなら

別に市販でも良いのに

 

こうして手作りを渡そうとしたのは

それだけ伝えたい強い想いがあったから

 

………ではないかな?

 

 

 

「この1年間、本当に楽しかった」

 

「この仲間に出会えて良かった」

 

「地学部員で良かった」

 

 

 

「私を変えてくれてありがとう」


f:id:anogra:20200314121615j:image

 

…とか?

 

この笑顔に全て詰まっている。

 

 

 

こんな眩しい笑顔を見せられたら

後輩達も嬉しいだろうなぁ…。


f:id:anogra:20200314121714j:image

 

あおかわ


f:id:anogra:20200314121750j:image

 

「手作りなんて本命チョコみた~い」


f:id:anogra:20200314121846j:image

 

舞先輩w

 

これは良いシーン。

 

 

部室で真理先輩にも一緒に渡すように

展開を変えた脚本の方有能すぎる…!


f:id:anogra:20200314121920j:image

 

………そして萌も勇気を出して


f:id:anogra:20200314122014j:image

 

みさ姉と離れてしまう前に…。


f:id:anogra:20200314122042j:image

 

これはメインヒロイン 

 

完全に今回は萌主役だ。

 

 

 

 

 


f:id:anogra:20200314122118j:image

 

真理先輩達は卒業式を縮小開催せずに済んで

良かった良かった。


f:id:anogra:20200314122156j:image

 

一応言葉として簡単に言ってくれたけど

より詳細に真理先輩と舞先輩の気持ちを

知りたくなってしまう。

 

「この1年はどうだったか」


f:id:anogra:20200314122441j:image

始まりはとても良い雰囲気では

なかったかもしれないけれど...

 

 

この5人...そこに遠藤先生も含めて

全員が他の人から何かを貰って

 

良い方向に変わっていったのではないかと

視聴者目線でもそう感じる。

 

f:id:anogra:20200314122532j:image

 

特にみらあおの2人の存在、

他に与えた影響は大きいのでは?


f:id:anogra:20200314122625j:image

夢に向かって突き進む2人の姿をみて

皆が必ずしも明るい気持ちになったわけでは

ないかもしれないけれど...


f:id:anogra:20200314122651j:image

その気持ちのお陰で

 

夢に対する気持ち、

夢への向き合い方を考え直す

良いきっかけとなったと思う。

 

特に真理先輩や桜先輩。


f:id:anogra:20200314122736j:image

 

卒業式の後、プレゼントに...


f:id:anogra:20200314122759j:image

 

後輩からの最高のサプライズ。


f:id:anogra:20200314122819j:image

 

真理先輩があまり写真に写っていないことを

ちゃんと気がついていて、対応してくれた。

 

 

真理先輩がこの1年間楽しめたのも


f:id:anogra:20200314122909j:image

 

それをこの卒業式という日に確認できたのも

頼もしい後輩たちがいたからこそ。

 

最後にそれに気が付くことができて

本当に良かった。

 

 

頑張ってきたんだもの

 

最後は明るい気持ちで旅立って行ってほしい。


f:id:anogra:20200314122958j:image

 

これからはこの5人が

一緒にいられる時間はどんどん減っていく。


f:id:anogra:20200314123026j:image

 

原作でもそのシーンは

見ることが無くなっていくのかも。


f:id:anogra:20200314123047j:image

 

今までと生活が変わっていくだろうけど

同時に新しい出会いも待っているわけだから


f:id:anogra:20200314123109j:image

 

アルバム然り、この地学部で過ごした時間は

確かに残っているのだから

 

辛い時はその気持ちを思い出し、支えとして

新しい大学生活を楽しんでほしい。

 

 

 

 

卒業式も終わり、


f:id:anogra:20200314123146j:image

 

みらあおの新生活開始。

 

 

先の引っ越しの件で

より親しくなったのは良いことだけど


f:id:anogra:20200314123211j:image

 

悪い意味で遠慮が無くなってしまえば

相手を不快にしてしまう。

 

良くも悪くも、何事も加減が大切。

 

 

「加減が大事 壊さぬように」

...とはよく言ったもので。

 

好きな言葉で座右の銘にしている。


f:id:anogra:20200314123259j:image

 

あおの色んな髪形を見られて

あお推しとしては嬉しい限り。


f:id:anogra:20200314123406j:image

 

今までの生活、形、関係と変わる

 

...という事は

 

自分自身の考えや

あり方を変えていく必要がある。

 

他人も関わっているなら尚の事。


f:id:anogra:20200314123507j:image

 

相手を大切にしたいのなら尚の事。


f:id:anogra:20200314123629j:image

 

運目的な出会いをして

 

 

再び再会できて

 

 

引っ越しをせずに済んで

再び一緒にいることができたのだから


f:id:anogra:20200314123658j:image

 

些細なことで離れていってはいけない。

 

 

中々こんなチャンスは巡ってこない。 

 

 

 

 

 

新学期


f:id:anogra:20200314123801j:image

 

新しい環境での新しい生活。

 

 

そして...


f:id:anogra:20200314123829j:image

f:id:anogra:20200314123847j:image

 

新しい出会い。

 

 

 

 

EDも色々と変化。


f:id:anogra:20200314123922j:image

 

桜先輩が見ていたのって

今回のアレだったのか...!!


f:id:anogra:20200314123936j:image

f:id:anogra:20200314124020j:image

 

桜先輩以外のキャラの

持っている物や周りにあるものも

 

話を見た後だとしんみりしたり

微笑ましい気持ちになったり。

 

 

特にあのてるてる坊主がすき。

 

 

 

 

 【生 星 流転】

 

 

 卒業...別れの話にハズレ無し。

 

 

それまでの道のりが険しい程に

最後に見せるキャラの表情は眩しい。

 

その表情を見て

今までの苦労が報われたな...とか

ここまで見てきて良かったな...と

 

最後の一瞬の気持ちよさの為に

今までの苦労があったのかな、と思ってしまう。

 (人生は落語だった...?)

 

 

 

見返す程に思うのは

 

実は一番変わっていないようにみえて

一番変わっている(変わる必要がある)のは

 

みらとあおの2人なのではないか

 

...ということ。

 

 

 

夢に向かって

一人新しい場所へ進み始めた真理先輩

 

夢を探して

同じく一人新しい場所向かった桜先輩

 

頼る存在から

頼られる存在となった舞先輩

 

 

上記3人と違って

今まで通り互いに近くにいられて

今まで通り一緒に夢に向かって進める...

 

でも実際は

「もう離れたりすれ違ったりしない為に」

「これから同居生活を続けていく為に」

考え方や行動、他人への配慮等...

 

 

色んな事に気を使っていけるように

変わって、変えていかないと

また夢から遠ざかってしまう...かも。

 

 

 

 

 

次回

f:id:anogra:20200314124054j:image