ano 学ぶログ

触れて学んで発信・共有する...ゲーム等の趣味、ブログ開設等で学んだことを記事に

がまがまスペシャル 思いマシマシ【白い砂のアクアトープ 6話】

 

アニメ「白い砂のアクアトープ」

6話

 

f:id:anogra:20210814154220j:image

 

 

<<<Back... 

ano-manablo.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 遂に...

 

正式にがまがま水族館の閉館を

発表したのか...。

 

f:id:anogra:20210814154513j:image

 

もうすぐそこまで

閉館の日が迫っているけど...


f:id:anogra:20210814154326j:image

 

どうする館長代理。

 

 

 

集客の為に

何か新しいことはできないかと

 

悩むくくるに風花は

スイーツの作成・販売を提案。


f:id:anogra:20210814154545j:image

 

料理、食べ物と言えば...

 

 

 


f:id:anogra:20210814154452j:image
f:id:anogra:20210814154520j:image

 

母親の経営する飲食店で

小さい頃から働かされている

手伝っている月美に相談。

 

 

 

 

 

月美はスイーツ系は

作ったことはないみたいなので

 

「挑戦する、したい」と言っても

いきなり難易度の高いものは難しい。

 

 

時間や予算的にも

あまり難しいものは作れないし...。


f:id:anogra:20210814154435j:image
f:id:anogra:20210814154428j:image

 

楽しそう。

 

 

その気持ちは何かをやる時に

一番大事なことだと思う。


f:id:anogra:20210814154343j:image

 

パフェなら人気も出そうだけど

がまがま水族館内はそこまで広くない

 

夏だから

外で長時間たべさせる訳にもいかない

 

 

だから立って食べられる、

調理時間も材料費もかからない

ここならではのスイーツを

考えないといけない...。

 

 

 

...で決めたのが、アイスクリーム。


f:id:anogra:20210814154340j:image
f:id:anogra:20210814154530j:image

 

3人で味の研究。

 

仕事があるので風花とくくるは

途中でがまがまに戻ることに。

 

 

 

 

帰りにアイスクリーム店で見かけた

SNS利用による紹介とサービス。


f:id:anogra:20210814154500j:image

 

自分たちもSNSを通じて

がまがまを知ってもらう作戦に。

 

 

今の時代...

 

SNSを活用できるかどうかは

やはり重要だから...

これは是非やるべきだと思う。

 

直ぐに成果がでないかもしれないけど

コツコツ続けていこう。
がまがまは残り期間短いが...


f:id:anogra:20210814154357j:image

 

がまがまらしいもの...

 

がまがまの魅力って何だろう...? 


f:id:anogra:20210814154421j:image

 

海のいきものに... 

 

 

 

 

女性集客率UP...


f:id:anogra:20210814154353j:image

 

水族館に来てもらうきっかけに...

 

海の生き物を好きになってもらえる

きっかけになるのなら...アリではある...?


f:id:anogra:20210814154410j:image
f:id:anogra:20210814154441j:image

 

うみやんのお勧めである

カエルアンコウも一緒に。 

 

カエルアンコウかわいいじゃないか...!


f:id:anogra:20210814154404j:image
f:id:anogra:20210814154346j:image

 

生き物撮影中に見かけた一人の男性。

 

くくるが小さい頃から

毎年夏にやってくるお客さんとのこと。 

 

魚を見つめているというより...

何というか...。

 

 

 

 

 

 

 

夏凛さんからの悲しいお知らせ


f:id:anogra:20210814154323j:image
f:id:anogra:20210814154415j:image

 

「手作りアイスの販売は難しいので

 諦めた方が良い」

 

許可が殆ど下りない、と。

 

衛生管理が難しいからね...。 


f:id:anogra:20210814154503j:image

 

月美母仕事して。 

かき氷なら許可も簡単に下りる様なので

かき氷の販売に変更することに。


f:id:anogra:20210814154350j:image

 

やる気満々の月美は

かき氷の研究に没頭。 

 

しかしかき氷だと

凝ったアレンジが難しい為

 

よくあるかき氷ばかりに...。


f:id:anogra:20210814154333j:image
f:id:anogra:20210814154510j:image

 

メニューを見た月美母は

 

「月美にしては普通」

 

「いつも面白い料理を考える時は

 どんな思いで考えていたのか」

 

...とさりげなくアドバイスを。

 

 

 

 

 

月美が頑張って考えた

かき氷の販売初日がやってきた。 


f:id:anogra:20210814154336j:image

 

今日もあの男性の姿が。

 

 

この人も新聞で

がまがま水族館閉館を知り

悲しんでいる様子。


f:id:anogra:20210814154517j:image

 

...というのもこのがまがまは

思い入れのある場所らしく

 

幼い頃に亡くした兄に

ここで出会い、元気をもらった、と。

 

 

また兄に合いたいと

毎年ここへ来るものの

 

最初に来て以来、

一度も兄には会えていないという。

 

 

この男性にとって

このがまがま水族館は特別な場所。


f:id:anogra:20210814154524j:image

 

どういった時に

その現象が起こるのだろう?

 

何かを強く思い続けることで

一定確率で見える...みたいな?


f:id:anogra:20210814154449j:image
f:id:anogra:20210814154444j:image

 

くくるも、

そしてこの男性も見えたみたい?


f:id:anogra:20210814154400j:image
f:id:anogra:20210814154456j:image

 

背景音...

 

そうか戦争中か...。 


f:id:anogra:20210814154507j:image

 

くくるはくくるで... 

 

 

あぁ良かった。

 

これまでの回のそれらしいシーンから

両親との間に変な壁というか

溝...距離があるのかと心配したけど

 

普通に仲の良い親子だったのね。


f:id:anogra:20210814154537j:image
f:id:anogra:20210814154407j:image

 

夏凛さん...? に似ているが違う。

 

その「それらしいシーン」に

名前のない母子手帳があったけれど...

 

何かしらの理由で亡くなった

くくるの姉妹、なのかな?

 

 

 

 

 

 

 

自分以外にもここが特別だと、

 

そう思ってくれる人がいると

知ったくくるは...


f:id:anogra:20210814154432j:image

 

「来年も来てください

 きっと続けてみせます」

 

 

 

 


f:id:anogra:20210814154534j:image

 

まさか...かき氷で再現...


f:id:anogra:20210814154438j:image

 

...しちゃうのね。

 

想像の何倍ものクオリティ

 

 

 

 

このアイデアを考えた時

月美が考えていたこと...

 

 

この水族館に来た後、

 

楽しい記憶が残る様に

忘れられないかき氷にしたい

 

 

...素敵な理由じゃないか。

 

 

 

 

こちらのお客さんからは

メニュー外の生き物のリクエスト。

 

カエルアンコウのかき氷。


f:id:anogra:20210814154541j:image
f:id:anogra:20210814154548j:image

 

急なリクエストにも

すぐに答えられるのは凄い。

 

普通にお金払ってもいいと思える

クオリティだ。


f:id:anogra:20210814154418j:image
f:id:anogra:20210814154425j:image

 

これもSNSで紹介したお陰だ。

 

 

 

 

【失敗から生かす】

 

カエルアンコウかき氷を注文した

あの2人組のお客さん、

 

SNSでの紹介を見なかったら

興味どころか知ることも無かった筈。

 

アイスクリーム販売は没になって

アイスクリーム店での調査は

あまり役に立たなかったけれど...

 

そこで見かけた

SNSを活用したサービスを見て

くくる達も利用しようと思いついた。

 

行動の全てが無駄にならず...というより

無駄にしなかったことは良いなと思う。

 

まぁ、「SNSを利用しよう」も

「アイスクリームを販売しよう」も

 

皆が水族館の為試行錯誤する中で

挑戦しようとして行ったことだから

その行動自体は無価値ではない。

 

 

作中で

がまがま水族館閉館を

公式に発表したのは7月31日。

 

集客の為のアイデアを考えいたのが

翌日の8月1日で

 

そこからかき氷販売までに数日...?

 

全く無い訳ではないけど

残された時間は少ないが...どうなるか。

 

 

 

 

 

Next...>>>