ano 学ぶログ

触れて学んで発信・共有する...ゲーム等の趣味、ブログ開設等で学んだことを記事に

チートじゃろコレ【エコーズ通信・Billy】

 

 【エコーズ通信】

 

 

↓ 過去の記事はコチラ ↓

ano-manablo.hatenablog.com

 

 

 

復刻登場していた

フェス限チェシャ猫(細剣)。 

 

 

入手したので、審判の塔に挑戦。


f:id:anogra:20200721232803p:image

 

このフェス限チェシャ猫接待弱点なので

雷属性で挑むのが良いのだろうけれど...

 

雷属性攻撃のキャラが

まともにそだっていない状態。

 

チェシャ猫(細剣)もまだレベルが低いので

それ以外の弱点を突けるキャラで挑戦。


f:id:anogra:20200721232812p:image

 

突必殺を持つ アリス(細剣)

 

火属性攻撃の両手杖

精神属性攻撃の片手杖

ゲージ回収の双剣

...その他火傷付与+HP管理の赤ずきん

 

ゲージ回収効率の良い

クリスティーヌ(双剣)

 

 

 

 

どんな敵が出てくるかな...?


f:id:anogra:20200721232826p:image

 

お、スライム系と魔女系だ。

 

魔女系の攻撃

弱体後も相変わらず強すぎ

 

精神属性で弱点が突ける、

良かった良かった。


f:id:anogra:20200721232818p:image

 

苦手なタイプの敵だから

警戒していたけれど...

 

そこまで脅威ではなかった。


f:id:anogra:20200721232833p:image

 

ガンガン必殺ゲージを貯めてもらい

赤ずきんやアリスで必殺連発。


f:id:anogra:20200721232902p:image

 

3Fは苦戦せず突破。


f:id:anogra:20200721232840p:image

 

4Fから精神属性弱点の敵がいなくなり

突・火属性弱点の敵が出現。

 

 

必殺担当をアリス(細剣)に変更して...


f:id:anogra:20200721232753p:image

 

ハチもどちらかと言うと

厄介で苦手な敵。

 

最初から最後まで

苦手な敵が登場するとは...。


f:id:anogra:20200721232746p:image

 

モスラ味方近接NPC

どんどんHPを減らしていくので注意。


f:id:anogra:20200721232855p:image

 

この必殺でフィニッシュが決まると

カッコイイなぁ。


f:id:anogra:20200721232847p:image

 

腰痛持ちに装備させたい

紫電ベルト。

 

f:id:anogra:20200722115634p:image

 

スキル技、装備、

オートスキルそれぞれに麻痺蓄積。

 

f:id:anogra:20200721233109p:image

 

ゲージ回収役だけでも優秀なのに

麻痺付与も可能なのは強い。

 

通常攻撃でも麻痺付与可能なのは優秀。

 

 

麻痺付与のスキル技も

RT回復速度アップで何度も打てる、

 

 

そして攻撃モーションも

良い具合に前進する様になっているので


f:id:anogra:20200721233053p:image

 

しっかり攻撃を当てやすい。

 

色々な部分が優秀、

自分好みの性能だ。



 

 

双剣赤ずきんと良い勝負の使いやすさ。

これは積極的に使っていきたい。

 

 

 

 

 

麻痺をアイテム以外で付与できるのは

かなり有難い。

 

 

このゲーム、

麻痺が強すぎるからなぁ...。

 

 

当然、食らえば厄介。

 

 

調整必須の短すぎる制限時間

(何故ここで制限時間が発生?

...と疑問に感じる部分は特に要修正)

 

そこで敵から麻痺を食らうと

硬直時間が発生し、時間を無駄に。

 

更にプレイヤー側には

状態異常の耐性値が無いので、

麻痺になっても直後に即麻痺状態。

 

麻痺回復薬で治しても即また麻痺するので

麻痺回復薬はアイテム枠を圧迫し、

長いリキャストタイムが発生するだけで

無駄でしかない。

 (敵は耐性値あり)

 

 

麻痺はゲームのシステム・ルールに

合いすぎていて...。

 

 

麻痺付与はこちらも

積極的に使っていくべき。

 

...ということでチェシャ猫(細剣)には

これから何度もお世話になりそう。

 

 

...まずは育成を完了させないと。

 

 

 

今回は以上です。

 

では。