ano 学ぶログ

触れて学んで発信・共有する...ゲーム等の趣味、ブログ開設等で学んだことを記事に

その二文字が与える重圧【恋する小惑星 7話 感想】

 

【恋する小惑星

 

「7話 星空はタイムマシン」

 

↓前回の記事はコチラ↓

ano-manablo.hatenablog.com

 

 

 

文化祭後の先輩からの電撃発表。


f:id:anogra:20200226211809j:image

 

電撃発表(結婚)。


f:id:anogra:20200226211828j:image

 

部長は舞先輩で確定として………

 

 

あおは会計なのか。

 

ここ原作では明言されていなかった筈…筈。


f:id:anogra:20200226211851j:image

f:id:anogra:20200226211909j:image

 

そしてコイ記事の話もここで回収。


f:id:anogra:20200226211931j:image

 

原作を基にパズルみたいにバラして

組みかえられて、そこからより良いものに

していけるのはアニメ化の強みだなぁ。

 

 

こういった文化祭等の大イベントでは

それぞれ大きな変化が起こるもの。


f:id:anogra:20200226211959j:image

 

新しく得たもの、失ったもの

変化したものに戸惑いながらも前に進む…

 

その変化と向き合う姿は

物語を一層面白くしてくれる。


f:id:anogra:20200226212034j:image

 

地学部は寂しくなったけれど

みらとあおは活躍を引き続き頑張る。

 

萌も今回のショックを乗り越え、

また前を向いて頑張ろうとしている。


f:id:anogra:20200226212216j:image

 

………そんな中


f:id:anogra:20200226212244j:image

 

桜先輩がいなくなって不安になったり

寂しくなったりしている舞先輩。

 

桜先輩の私物を抱きしめて

温もりでも感じるのかなw

 

 

 

真っ先に桜先輩の名前を呼ぶ辺り、

桜先輩が大好きなんだなぁ…と。

 

 


f:id:anogra:20200226212309j:image

 

鼻水を拭き取ってあげた後、

そのティッシュを………


f:id:anogra:20200226212329j:image

 

ポケットへ………。

 

 

 

 

そんな時に子供会から天体観測の依頼が。


f:id:anogra:20200226212424j:image

 

新制地学部、

いきなりの、そして初めての活動。


f:id:anogra:20200226212444j:image

 

「今日から部長ですよろしくね」

 

...と言われても


f:id:anogra:20200226212526j:image

...心の準備ができてないよね、そりゃあ。

 

 


f:id:anogra:20200226212551j:image

 

あっという間の7話。

 

早いなぁ...。

 

 


f:id:anogra:20200226212614j:image

 

舞先輩が不安な気持ちのままでの

以来引き受けとなってしまったけれど


f:id:anogra:20200226212702j:image

 

天文班メインの内容というのは

せめてもの救いか。


f:id:anogra:20200226212740j:image

 

導入等も真理先輩がいないので

みらあおで準備。

 

慣れた手つきに見えたけれど

もう二人共問題なく準備できるのかな?


f:id:anogra:20200226212836j:image

 

相手が子供というのは

気持ち的に楽な部分もあるだろうけど


f:id:anogra:20200226212922j:image

 

纏めるのが大変ではある。

 

 

そしてそれは自身の無い

今の舞先輩にとって難しいことだと思う。


f:id:anogra:20200226212955j:image

f:id:anogra:20200226213016j:image

 

助っ人登場。

 

あれ? 芽も来たのか。

ここはアニオリだ。

 

実は芽の出番が増えて嬉しかったり。

 

 


f:id:anogra:20200226213047j:image

 

あくまで講師として呼ばれた(引き受けた)のは

地学部のメンバー達。

 

子供達を纏めるのに苦戦していても

手を出さずに見守っている遠藤先生。

 

 

なるべく生徒達の力で何とかさせよう

...としているのは良いなぁ。

 

本当に良い先生。

 

 


f:id:anogra:20200226213107j:image

 

萌と芽の協力もあり

順調に解説を進めていく中で...


f:id:anogra:20200226213129j:image

f:id:anogra:20200226213150j:image

 

1人、ドライな子が。

 

 

苦戦するみらに変わって動いたのが...


f:id:anogra:20200226213222j:image

 

あお。

 

「楽しくない?」...と。


f:id:anogra:20200226213243j:image

 

「親に言われて嫌嫌参加した」

 

「親しい人もいない」

 

 

「ただの点にしか見えない」


f:id:anogra:20200226213303j:image

 

この言葉はただの愚痴ではあるけれど...

 

あおにとっては絶対に忘れられない

大切な言葉だろうね。

 

あの頃を思い出したのではないかな。


f:id:anogra:20200226213327j:image

 

あの時と同じように天文の魅力を伝える。


f:id:anogra:20200226213345j:image

f:id:anogra:20200226213413j:image

 

それによって天文に興味を持ち、


f:id:anogra:20200226213448j:image

 

目を輝かせている姿を見るのも

あの時と同じ。


f:id:anogra:20200226213511j:image

 

舞先輩、その撮り方だと

かなりブレてるかと...。

 

「多少」のブレどころじゃない。

 

 


f:id:anogra:20200226213548j:image

 

ここもアニオリだ。

 

悩み、落ち込む舞先輩に

遠藤先生がそっと励ましの言葉をかける。


f:id:anogra:20200226213619j:image

f:id:anogra:20200226213640j:image

 

遠藤先生って

だらしなく頼りない姿を見せたと思えば

こういった頼れる一面をみせて...

 

 

...本当ズルい人だ(褒め言葉)

 

 

ギャップというのは素晴らしい。


f:id:anogra:20200226213701j:image

 

 

 

その後も順調に天体観測は進み、

無事終了...したけれど


f:id:anogra:20200226213741j:image
f:id:anogra:20200226213837j:image

 

桜先輩大好きっぷりが堪らない。


f:id:anogra:20200226213913j:image

 

前にスマホのカメラ撮影で

何をどう弄ってもぼやけていて

 

困った・焦ったことがある。

 

 

再起動で改善したけれど。

 

 

 


f:id:anogra:20200226213935j:image

f:id:anogra:20200226214035j:image

 

 あっ.........


f:id:anogra:20200226214102j:image

 

風邪で欠席したあおのお見舞いに

みらと舞先輩でいくことに。


f:id:anogra:20200226214138j:image

 

視聴者もみらや舞先輩と同じ様に

 

ここではあの件について

知ることができない形にしたのか。

 

 

後々語られるときに

初めて知るということか。


f:id:anogra:20200226214228j:image

f:id:anogra:20200226214304j:image

 

ここからのシーン大好きだなぁ...。

 

所で、あおのNYシーンは何処に...?


f:id:anogra:20200226214413j:image

 

舞先輩の様に

誰かが何か悩みを抱えていて

 

それに気づいてしまった時、

 

どこまで手を差し出すべきなのか

いつも悩んでしまう。


f:id:anogra:20200226214501j:image

 

表情を見せない演出すき。


f:id:anogra:20200226214550j:image

 

何度見ても良いシーンだ。 

 

 


f:id:anogra:20200226214613j:image

 

舞先輩の撮影した写真。


f:id:anogra:20200226214640j:image

 

手ぶれ補正ありのカメラで

舞先輩の問題はどの位カバー可能なのかな。


f:id:anogra:20200226214659j:image

 

ここは活動記録(以外にも使用していそう)

の為に撮影役を行っている真理先輩に

教えてもらうのが良いだろうね。


f:id:anogra:20200226214724j:image

 

意外と機械操作に慣れているし。

 

桜先輩のジト目最高(*´ω`*)


f:id:anogra:20200226214807j:image

 

桜先輩が推薦合格。

 

希望する科、目標は違えど

同じ大学を受験した2人。


f:id:anogra:20200226214838j:image

 

はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ...!

 

なにこの2人可愛すぎる早く結婚しろ。

 

 

この7話のベストショットはここ。

 

 

 

 

...ただ、真理先輩の試験結果は...


f:id:anogra:20200226214920j:image

 

自身が試験に受かっても

他人の前で喜んだり、他人の結果を聞くのは

結構失礼な行為だと思う。

 

 

みら達の様に気を使ってあげられれば

一番良いのだけど...


f:id:anogra:20200226215003j:image

 

落ち込むみら達に喝を入れたのが桜先輩。

 

こういった時に桜先輩の存在は

本当有り難い。


f:id:anogra:20200226215022j:image

 

心配してくれるのは嬉しいけど

結局最後は自分のことは

自分が解決しなければいけない

 

私達はもうすぐ卒業する

 

あなた達がそうやって落ち込んでいても

私達はどうにもしてあげられないのだから

 

あなた達は自分のことに集中しなさい


f:id:anogra:20200226215058j:image

 

桜先輩だってショックだろうなぁ。 

 

 


f:id:anogra:20200226215126j:image

f:id:anogra:20200226215243j:image

 

自分がやるべきこと

自分がやりたいこと

 

舞先輩にとってそれは...

 

 

 

後輩2人が再び夢に向かって

前に進み始めたのだから

 

舞先輩だけいつまでも

立ち止まっているわけにはいかない


f:id:anogra:20200226215321j:image

 

ここの扉を開ける演出良いなぁ。

 

新しい何かに挑む姿を表現している様で。


f:id:anogra:20200226215402j:image

 

部活動(青春)モノで

前を向いて走るシーンはやっぱり最高。

 

途中よろけたりするシーンがあると

より感動する。

 

 

喜んだり笑ったり泣いたり

怒ったり悩んだり...

 

 

全力で青春しているキャラって本当好きだ。

 


f:id:anogra:20200226215433j:image

 

ここのラストの

 

 

EDのイントロの入り

 

台詞の無い見せ方(演出)

 

あおの切なげな表情

 

 

そして...

 

みらの台詞(ナレーション?)が

どれも最高。

 

 

 

 

「私達は、前を向きます」

 


f:id:anogra:20200226212504j:image

 

 

「思い通りにならないことがあっても」

 


f:id:anogra:20200226215507j:image

 

 

「きっと素敵な未来が待ってるって

 信じてるから」

 

 

 

 

 

 【...からの神ED】 

 

元々お気に入りの話ばかりとは言え、

それ抜き...控えめに言って最高。

 

今のところ一番好きな回。

 

 

そう思えたのは決して

原作の面白さだけではなく、

 

アニメで追加されたシーンや

演出のお陰なのだと思う。

 

短くちょっとしたシーンだとしても

それがあるのとないのでは全然違う。

 

 

今回はそういった部分への配慮...というか

拘りが見えて良いなと思った。

 

 

 

発売されたばかりの原作3巻のあとがきで

製作スタッフの真剣さが解るので是非。

 

 

 

 

次回

f:id:anogra:20200226215543j:image