ano 学ぶログ

触れて学んで発信・共有する...ゲーム等の趣味、ブログ開設等で学んだことを記事に

歌姫の憧れと諦めたこと 諦めたくないこと 【ぼっち・ざ・ろっく! 2巻 感想】

 

【ぼっち・ざ・ろっく! 2巻 感想】

 

 

 

<<< Back ...

ano-manablo.hatenablog.com

 

 

 

 

楽しかった夏休みも残り1日...。


f:id:anogra:20200613100222j:image

 

学校に行きたくないという気持ちと

 

結束バンドメンバーと何処かに出かけることなく

夏休みが終わりそうでテンションが低いぼっち。


f:id:anogra:20200613100307j:image

 

そんなぼっちを元気づけようと

思い出づくりを提案したのが喜多ちゃん。

 

結束バンド唯一の根が明るいキャラなので

こういった提案をしてくれるのが

いつも喜多ちゃん頼みになるなぁ...。


f:id:anogra:20200613100353j:image

 

喜多ちゃんのこういう所は見習いたい。


f:id:anogra:20200613100436j:image

 

3人との温度差を感じるシーンが

この後何度かあるけれど...

 

本当差が大きくて

見ていて面白いw

 

 

リョウの「嫌だ!」がすきw

 

シンプル且つ簡潔に

彼女達の暗さを表している。

 

 

 

 

...さて、ぼっちを勇気づけることは

果てして出来るのか.........。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~♪

 

 

 

ぼっちと喜多ちゃんの高校では

夏休み明け直ぐに文化祭が。


f:id:anogra:20200613100521j:image

 

文化祭のステージで演奏しようかと

悩んでいる...が勇気を出せずにいるぼっち。


f:id:anogra:20200613100624j:image

 

...そしてそれを見て

何か思う喜多ちゃん。


f:id:anogra:20200613100643j:image

 

 

 

 

 

バイト中にリョウや虹夏と

文化祭の話に。

 

 

リョウと虹夏は中学時代に

演奏した経験があるのか。


f:id:anogra:20200613100726j:image

 

文化祭で演奏を成功させて

カッコよく決める姿を想像する一方、

 

今のライブハウスより多くの人の前で

失敗してしまったことも考えてしまい...

 

出場するのを躊躇いっているぼっち。


f:id:anogra:20200613100917j:image

 

人間、どうしてもリスクの方ばかり

気にしてしまうのは仕方が無い。


f:id:anogra:20200613101002j:image

 

結局、出場を諦めようとしたけれど...


f:id:anogra:20200613101024j:image

 

喜多ちゃんが代わりに

申し込みした為、参加することにw

 

 

 

 

【悲報】ぼっち死亡...


f:id:anogra:20200613101308j:image

 

 

 

心配事はもう一つ...。


f:id:anogra:20200613104805j:image

 

ぼっちとリョウの

中間テストの勉強を手伝わないと...。


f:id:anogra:20200613105137j:image

 

ここの喜多ちゃんの表情好きw

 

喜多ちゃんのリョウへのイメージが

ドンドン崩れていく...w


f:id:anogra:20200613105231j:image

 

でもやる気を出せば

すぐできるリョウと違って

 

ぼっちは...

 

f:id:anogra:20200613105505j:image

 

慣れれば凄いけど

出来るまでに時間がかかるタイプ。

 

 

ぼっちと虹夏の先輩後輩感を感じさせない

この距離感良いなぁ。

 

 

 

 

 

文化祭ライブ出場の申し込みは済み、

中間テストも終わり準備は着々と進み...


f:id:anogra:20200613105554j:image

 

セトリ決めはするけれど...

 

 

ぼっちの出場への不安を

何とかしたいところ。


f:id:anogra:20200613105727j:image

 

不安な気持ちでいっぱいのぼっちに

手を差し伸ばしたのが...


f:id:anogra:20200613105757j:image

 

酔っ払い廣井さん。


f:id:anogra:20200613110030j:image

 

ぼっち達が廣井さんのバンドと

その演奏を見るのはこれが初めて。

f:id:anogra:20200613110251j:image

 

ここでの廣井さんの

ぼっちへのサプライズと台詞が良かった...!

 

 

普段だらしない or 頼りない人が

決める時はキメるのってずるいなぁ(褒め言葉)

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~♪

 

 

 

ライブの曲順決め。


f:id:anogra:20200613110606j:image

 

ぼっちと喜多ちゃん

2人の高校の文化祭なのだからと

2人に見せ場を作ってあげる所、優しいなぁ。


f:id:anogra:20200613110645j:image
f:id:anogra:20200613110756j:image

 

ぼっちと周りとの関係は

どれも魅力的だなぁ。


f:id:anogra:20200613110719j:image

 

どれも魅力的で

一番は今のところ選べないけれど ...

 

ぼっちとリョウの関係が

今のところ一番良いかも?...と思っている。

 

 

 

 

何かこの4人の年齢と各々の性格、

そして関係...

 

何処かで見たことあるなと思ったけれど

カオス先生達だこれ。

 

ぼっちとリョウはカオス先生と翼だ。


f:id:anogra:20200613110909j:image

 

喜多ちゃんの

周りへの気遣いが立派過ぎて眩しい。


f:id:anogra:20200613111027j:image
f:id:anogra:20200613111050j:image

 

ぼっちは結束バンドの皆に影響を受けて

少しずつ変わってきた。

 

 

でもそんなぼっちも

皆に影響を及ぼしている...。


f:id:anogra:20200613111152j:image

こういった互いに尊敬しあい、

影響を及ぼしあう関係って本当素敵だなぁ...!

 

話的にも好き。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~♪

 

 

 

いよいよ文化祭当日。


f:id:anogra:20200613111233j:image

 

ぼっちはクラスの出し物を放り出して

何処かへ逃走。


f:id:anogra:20200613111316j:image

 

喜多ちゃんにとっての

ぼっちのイメージよ...w

 

本人はいたって真面目。

 

 

 

 

何とか見つけて教室に戻すも...


f:id:anogra:20200613111400j:image

 

立ったまま気絶w


f:id:anogra:20200613111435j:image

 

ここ好き。


f:id:anogra:20200613111534j:image

 

各々の反応に個性が出ていて面白い。


f:id:anogra:20200613111600j:image

 

 

 

そしてもうすぐ

ステージに立つ時が迫る...。


f:id:anogra:20200613111644j:image

 

こういった描写、

小説を読んだり、ゲームをプレイしていると

どうにも色々と疑ってしまう。


f:id:anogra:20200613111707j:image

 

主人公勢はイベントがある度に

何かとトラブルに巻き込まれるからなぁ。


f:id:anogra:20200613112441j:image

f:id:anogra:20200613112824j:image

 

廣井さん、ぼっちのこと

本当気に入っているなぁ。

 

 

 

 

 

演奏開始...したけれど


f:id:anogra:20200613113113j:image

 

トラブル発生...?


f:id:anogra:20200613113138j:image

 

チューニングが合わない


f:id:anogra:20200613113208j:image

 

1弦破損


f:id:anogra:20200613113232j:image

 

2弦のチューニング調整も

ペグの故障で不可能に


f:id:anogra:20200613113258j:image

 

そして迫るソロパート

 

 

 

 

今までは結束バンドのピンチは

ぼっちが何とかしていたけれど...

 

今はそのぼっちがピンチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ...今回、そのピンチを救おうと

行動を起こしたのは.........


f:id:anogra:20200613113320j:image

 

 

 

そしてここでのぼっちの発想と

表情が最高...!!

 

 

経験者だから出てきた発想に

 

覚悟を決めた...けど

元の暗さが消し切れていない表情

 

 

 

ライブ後...


f:id:anogra:20200613113503j:image

 

喜多ちゃんが一歩

ぼっちの方に歩み寄り...


f:id:anogra:20200613113527j:image
f:id:anogra:20200613113559j:image
f:id:anogra:20200613113629j:image

 

ああぁ...このシーン最高.........!

 

 

2人の距離が縮まったことも

勿論良いのだけれど...

 

 

喜多ちゃんが自分の中で

出来ること出来ないことを考えて...

 

限界を見極め、出来ないものを諦めて

自分に出来ることを精一杯やろうと...

 

自分の中で見切りをつけた

...というのが切なくも格好良く見えて良い。

 

 

 

こういったシーンも好きだなぁ...。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~♪

 

 

 

 

後日、壊れたギターを

借りていた父に見せると...


f:id:anogra:20200613113708j:image

 

自分用のギターを持っていると良い

 

...と言われたので、

ぼっちは新しいギターを購入することを決意。


f:id:anogra:20200613113759j:image
f:id:anogra:20200613113855j:image

 

顔よw


f:id:anogra:20200613113955j:image

 

さてぼっちは

どんなギターを購入したのか...?


f:id:anogra:20200613114307j:image

 

ここMOTHER3w

 

 

 

 

 

ぼっちが以前から続けていた

演奏動画の撮影を見学する虹夏。


f:id:anogra:20200613114703j:image
f:id:anogra:20200613114726j:image

 

光景が容易に想像できたw


f:id:anogra:20200613115610j:image

 

やはり1人演奏だと

結束バンド内でも一番を狙える上手さ。


f:id:anogra:20200613115625j:image

 

ぼっちの演奏を聴いて

周りの人も危機感を覚える ...というのも

 

いつか来るのではないのかと

しんぱいしていたけれど.........


f:id:anogra:20200613115742j:image

 

とある怖い話と、

それに影響されるぼっちの話も収録。


f:id:anogra:20200613115756j:image

 

 

 

 

 

...そして新キャラも登場。


f:id:anogra:20200613120134j:image

 

ぼっちに接触しようとしているけれど...?

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~♪

 

 

 

そんなことは知らず

いつものように活動を続ける結束バンド。


f:id:anogra:20200613120316j:image

 

新キャラは

腹黒そうな音楽ライター。


f:id:anogra:20200613120343j:image
f:id:anogra:20200613120709j:image

 

今まで多くのバンドと音を

見聞きしてきたのだろうというのは

伝わってくるのだけれど...

 

言動に問題がある感じだなぁ...。


f:id:anogra:20200613120830j:image
f:id:anogra:20200613120900j:image

 

1巻のとある部分でのイラストから

最初、新たなメンバー(キーボード担当)かと

思っていたけれど、そうではなかった。

 

※因みに23歳で、ぼっち達よりも年上。


f:id:anogra:20200613120949j:image

 

あっ...

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~♪

 

 

 

この新キャラに

皆の前で正体をバラされてしまったか...。

 

 

 

 

ぼっち(ギターヒーロー)の大ファンの彼女が

デビューの手伝いをすると話す。

 

 

「夢に近づく」

思わず頬を緩める一同だったけれど...


f:id:anogra:20200613121047j:image
f:id:anogra:20200613121133j:image

 

「ぼっちはプロとして

 十分やっていける実力がある」

 

「けど他3人は興味ない」


f:id:anogra:20200613121204j:image

 

「デビューしたいというのに

 本気でプロを目指しているようには

 見て取れない」


f:id:anogra:20200613121303j:image

 

大人達が何とか撃退し、

気にするなと4人に声をかけるも...


f:id:anogra:20200613121354j:image

 

先程の言葉は

そう簡単に忘れられるものではなく...

 

 

 

 

本人達は本気で、

全力で努力してきたつもりだった


f:id:anogra:20200613121412j:image

 

勿論、もっとできることや

足りないものもあっただろうけれど


f:id:anogra:20200613121736j:image

 

何もせず過ごしてきた訳ではない

 

そのやってきた努力が

見ている人に伝わらなかった


f:id:anogra:20200613121820j:image

 

この3人は優しいから

 

ぼっちがプロになれる可能性があるなら

その邪魔はしたくない

 

...だから一緒に夢を追うのは諦めた方が良い

 

とか考えていそう。

 

 

 

これまでの仲間との頑張った時間を

全て否定されるのは...堪えるだろうなぁ。


f:id:anogra:20200613121837j:image

 

あの言葉を受けて

4人はこれからどうしていくのか...?

 

 

 

 

【喜多郁代 という人物】

 

 

この2巻は喜多ちゃんがメイン

...といっても良い内容。

 

だからこれまで以上に

喜多ちゃんの魅力が多く描かれていたと思う。

 

 

 

ここまで話した通り、

喜多ちゃんが自分の中での限界を見極め

 

出来ないものを諦めて

自分に出来ることを精一杯やろうと決めた

あのシーンがこの2巻で一番好き。

 

 

創作物でよくある

「何でもやれば何時かできる」

 

...ではなく

こういった成長や考えは...何というか

リアルな成長の仕方で良いなぁと思った。

 

 

2巻を読み終えた後に、1巻での喜多ちゃんの

バンドに対する思いを見返すと

色々と見えてくるものがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Next... >>>


f:id:anogra:20200613121912j:image

 

  ...COMMING SOON