ano 学ぶログ

触れて学んで発信・共有する...ゲーム等の趣味、ブログ開設等で学んだことを記事に

凍えるその娘に 呪われた石を【今週のグリムノーツ】


 

 

 

(´・ω・`)「ふぅ………

     危ない場面もあったが

     今週も無事キング到達だ」

 

 

 

━━━それは4月も終わりを迎える頃の話。

 

 

 

(´・ω・`)「調整はされないのに

     更なる創造主降臨か………

     来週からまた厳しい闘いに

     なりそうだなぁ」 

 

 

 

春とはいえまだ肌寒さの残る頃の話。

 

 

 

(´・ω・`)「いや、それだけじゃない

     あの忌々しきチケットの登場で

     一部強キャラの姿を見ることも

     増えた………

     一度PTを見直す必要が………」

 

 

???「うぅ………」

 

 

(´・ω・`)「ん?」

 

 

???「うぅ…寒いよう………」ガクガク

 

 

(´・ω・`)「(女の子…?

     こんな夜遅い時間に一人?)」

 

 

???「誰…か………」

 

 

(´・ω・`)「(外はまだ冷えるんだ、

     このままじゃ危ない…!)」

 

 

???「誰か…マ………ってください………」

 

 

(´・ω・`)「き…君!!大丈夫かい?」

 

 

???「大丈夫…です

    お仕事を…しないといけないので…」

 

 

(´・ω・`)「でもこのままじゃ

     凍死してしまうよ………

     家に帰って体を温めるべきだ」

 

 

???「でも…私が頑張らないと………

    お父さんとお母さんが………」

 

 

(´・ω・`)「でも………」

 

 

???「大丈夫………です

    終わったら…家に………帰るので」

 

 

(´・ω・`)「ならせめて体を温めるんだ

     でないと危険だ」

 

 

???「そうしたいの…ですが」

 

 

(´・ω・`)「出来ないのかい?」

 

 

???「火をつけるものはあり…ます

    でも…燃やす物がありま………せん」

 

 

(´・ω・`)「そうなのか………」

 

 

(´・ω・`)「(何か…何か無いかな?

     燃やせる物…燃やせる物………

     ………そうだ!!)」

 

 

???「うぅ………」

 

 

(´・ω・`)「燃やす物が無いのなら

     ………これを使おう」スッ

 

 

???「これは………石…ですか?」

 

 

(´・ω・`)「そうだよ」

 

 

???「綺麗な………石…ですね

    でも………石を燃やす…のは」

 

 

(´・ω・`)「直接使う訳じゃないんだ

     この石で紙を生み出すんだ」

 

 

???「えっ………?」

 

 

(´・ω・`)「鏡にこの石を入れるんだ

     まあ見ていて………いくよ」

 


f:id:anogra:20190505183026j:image

 

 

???「鏡が…赤く光りました…!」

 

 

(´・ω・`)「暫くすると…」

 


f:id:anogra:20190505183229j:imagef:id:anogra:20190505183317j:image

 

 

???「凄い…!紙が………沢山…!!」

 

 

(´・ω・`)「どんどん紙を出すから

     早くこれを燃やすんだ」

 


f:id:anogra:20190505183622j:imagef:id:anogra:20190505183642j:image

 

 

???「温かいです…が

    すぐ…燃え尽きてしまい…ます」

 

 

(´・ω・`)「まだまだ出るよ!」

 


f:id:anogra:20190505184100j:imagef:id:anogra:20190505184119j:imagef:id:anogra:20190505184143j:image

 

 

(´・ω・`)「(思ったより燃え尽きるのが

      速いな………)」

 


f:id:anogra:20190505184328j:imagef:id:anogra:20190505184424j:image

 

 

(´・ω・`)「もっと…もっとだ………!」

 


f:id:anogra:20190505185111j:imagef:id:anogra:20190505185139j:imagef:id:anogra:20190505185214j:imagef:id:anogra:20190505185232j:image

 

 

???「あの………もう

    もう………いい…です」

 


f:id:anogra:20190505185312j:imagef:id:anogra:20190505185336j:imagef:id:anogra:20190505185438j:image

 

 

???「大切な石を………そんな

    私の為に…沢山」

 


f:id:anogra:20190505185418j:imagef:id:anogra:20190505185532j:image

 

 

(´・ω・`)「誰かが元気になるのなら

     石………くらい」

 


f:id:anogra:20190505185645j:imagef:id:anogra:20190505185726j:image

 

 

???「でも…とても大事そうに

    抱えていまし………た」

 


f:id:anogra:20190505185708j:imagef:id:anogra:20190505185754j:imagef:id:anogra:20190505185852j:image

 

 

???「本当は…何か欲しいものが

    あったのでは…ないで……しょうか」

 


f:id:anogra:20190505185840j:imagef:id:anogra:20190505185933j:image

 

 

(´・ω・`)「………いいんだ」

 


f:id:anogra:20190505190010j:imagef:id:anogra:20190505190026j:image

 

 

(´・ω・`)「確かに以前は、この石に

     希望を抱いていた………

     欲しいものが何でも手に入る

     希望の詰まった夢の石…と」

 

 

???「………………」

 


f:id:anogra:20190505190114j:imagef:id:anogra:20190505190203j:image

 

 

(´・ω・`)「………けど実際は

     そんなことはなかった」

 

 

???「えっ………?」

 


f:id:anogra:20190505190238j:imagef:id:anogra:20190505190304j:image

 

 

(´・ω・`)「…この石は手にしたり者に

     敵わぬ幻想を魅せ、

     持ち主の心を弄び、蝕んでいく

     悪魔のような石だった………!」

 


f:id:anogra:20190505190338j:imagef:id:anogra:20190505190410j:image

 

 

(´・ω・`)「石を見るたび、

     その時のことを思い出すんだ………

     そんな危険な石は

     手放すべきなんだ………」

 


f:id:anogra:20190505190453j:imagef:id:anogra:20190505190525j:image

 

 

(´・ω・`)「さぁこれで最後だ

     …石のことは気にせず

     しっかり体を温めるんだ!」

 

 

???「………はい!」

 


f:id:anogra:20190505190556j:imagef:id:anogra:20190505190620j:image

f:id:anogra:20190505190653j:imagef:id:anogra:20190505190713j:image

 

 

???「………あの!!」

 

 

(´・ω・`)「!!」

 


f:id:anogra:20190506200838j:image
f:id:anogra:20190506200751j:image

 

 

???「大切な石を…こんなに沢山

    本当にありがとうございます」

 

 

(´・ω・`)「(血色が良くなった…!!

      時間がかかったけど

      漸く元気になったのか!)」

 


f:id:anogra:20190505190338j:imagef:id:anogra:20190505190830j:imagef:id:anogra:20190505190842j:image

 

 

???「あなたのお陰で

    またお仕事が続けられます

    本当に………ありがとうございます」

 

 

(´・ω・`)「いや…大したことは何も………」

 

 

???「そんなことは…ありません」

 

 

(´・ω・`)「………」

 

 

???「あなたと…

    そしてあの石のお陰です」

 

 

(´・ω・`)「………でも、あの石は呪…」

 

 

???「確かに危険な石なのかも…

    しれません………………ですが」

 

 

(´・ω・`)「!」

 

 

???「あなたは…その石で

    私の命を救ってくれた………

    私に…勇気を与えてくれました!」

 

 

(´・ω・`)「………………」

 

 

???「何か…何かお礼をさせてください」

 

 

(´・ω・`)「そんな………お礼なんて」

 

 

???「ですが………」

 

 

(´・ω・`)「………」

 

 

???「………………」

 

 

(´・ω・`)「………じゃあ一つお願いを

     聞いてくれるかい?」

 

 

???「お願い………ですか?」

 

 

(´・ω・`)「そう、お願い」

 

 

???「何で…しょうか?」

 

 

(´・ω・`)「今日はもう家に帰って休むこと

     お仕事はまた明日から

     ………どうかな?」

 

 

???「………分かり…ました

    今日の分がまだ…ありますが、

    助けてもらった方のお願いなら

    ………仕方…ありませんよね」

 

 

(´・ω・`)「………………」

 

 

???「………では、私は帰り…ます

    本当に…ありがとうございました」

 

 

(´・ω・`)「………」

 

 

 

 

 

 

(´・ω・`)「………すいませーん!」

 

 

 

???「………!?

    あ、あれ?………どうしましたか?」

 

 

 

 

 

 

(´・ω・`)「………マッチ一箱

     ━━━━売ってくださいな」

 

 

 

 

 

 

 

マッチ売りの少女「!!………はいっ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

(´・ω・`)「………みたいな話を

     思いついたんだけど…どうかな」

 

 

マッチ売りの少女「駄目ですね」