ano 学ぶログ

触れて学んで発信・共有する...ゲーム等の趣味、ブログ開設等で学んだことを記事に

ぎこちなくも 確かな一歩 【私に天使が舞い降りた! #12】 アニメ感想


皆さんこんにちは。


今回は
「私に天使が舞い降りた! #12」
のアニメ感想です。

 

↓前回の記事はコチラ↓

ano-manablo.hatenablog.com

 

 

開演。


f:id:anogra:20190327154142j:image

 

どんな話なのか……

 

 

楽しみ。

 

 

まぁ先生が考えた話だから

ぶっ飛んだ展開にはならないだろうから

安心して見られるかな?


f:id:anogra:20190327154205j:image

 

舞台というか

背景が結構凝っている。


f:id:anogra:20190327154240j:image

 

これもクラス内で作ったのか……凄い。


f:id:anogra:20190327154301j:image

 

前回ひなた達が作った衣装。

 

良い意味で素朴感と言うか

庶民感が出ている。


f:id:anogra:20190327154339j:image

 

ミュージカルだ。

 

 

ディ〇ニーみたいな。ハハッ


f:id:anogra:20190327154407j:image

 

最終回だからか

動きも演出もいつも以上に

気合いが入っている。


f:id:anogra:20190327154422j:image

 

 


f:id:anogra:20190327154438j:image

 

おやっ?

 

 

後ろから……


f:id:anogra:20190327154453j:image

 

こういった登場の仕方まで

用意しているのか。

 

この登場の仕方好き。


f:id:anogra:20190327154508j:imagef:id:anogra:20190327154628j:image

 

結局花の衣装は

みやこが作ったのだろうか?


f:id:anogra:20190327154647j:imagef:id:anogra:20190327154753j:image

 

花1人で歌う部分も。

 

これは緊張する。


f:id:anogra:20190327154810j:image


f:id:anogra:20190327154842j:imagef:id:anogra:20190327154903j:image

 

演出が凄い。

 

 

飛べるって素晴らしい。


f:id:anogra:20190327154920j:imagef:id:anogra:20190327154941j:image

 

天使になっても小依は小依だなぁ

と感じるシーン。

 

まぁ小依と夏音

二人セットみたいな所もあるからね。

 

 

 


f:id:anogra:20190327155027j:image

 

下界へ。


f:id:anogra:20190327155047j:image

 

恋を実らせる役割を持った天使。


f:id:anogra:20190327155112j:imagef:id:anogra:20190327155143j:image

 

途中、お菓子を販売しているお店と


f:id:anogra:20190327155228j:image

 

そこに住む人間を発見する。


f:id:anogra:20190327155344j:imagef:id:anogra:20190327155429j:image

 

二人は姉妹。


f:id:anogra:20190327155448j:image

 

恋に恋するお年頃。

 

(ここ劇じゃなければ

乃愛は「好きなのはひなたちゃん!」って

即答していたね)


f:id:anogra:20190327155513j:image

 

「恋がしたい」……


f:id:anogra:20190327155600j:image

 

そう思う彼女の所に


f:id:anogra:20190327155621j:image

 

先程の天使の羽が。

 

天使が見つめていたのはこの子?

 

 

 


f:id:anogra:20190327155756j:image

 

恋を与える存在である彼女にも

恋をしたいという気持ちが芽生えたのかな。


f:id:anogra:20190327155824j:image

 

ミュージカル等の

自分の中の気持ちを歌で表現して

それを交互に歌うシーンが好き


f:id:anogra:20190327155950j:imagef:id:anogra:20190327160047j:image

 

再び天使が現れたことで

二人は出会う。


f:id:anogra:20190327160109j:imagef:id:anogra:20190327160151j:imagef:id:anogra:20190327160130j:image

 

降ってきた天使の羽を見て作ったケーキ。


f:id:anogra:20190327160234j:image


f:id:anogra:20190327160319j:image

 

天使の姿は

他の人には見えていないみたい。

 

 

このよくある姿が見える見えないは

何がどこを基準にしているのだろう?

 

信じているか、会いたいと強く願っているか

 

……等で決まるのかな?


f:id:anogra:20190327160403j:image

 

人には人の暮らしと時間がある。


f:id:anogra:20190327160341j:image

 

だから天使は好きになってはいけない。

 

 

種属間の壁があるかぁ……。

 

 

住む世界が違う上に

流れる時間も大きく違う。

 

好きになっても辛い思いをするだけ……。

 

だったらこの恋を諦めよう、忘れよう。

 

 

……という話か。


f:id:anogra:20190327160458j:image

 

想像していたよりも

切ない話で感動と同時に驚いている。

 

 


f:id:anogra:20190327160516j:image

 

乃愛(天使役)登場。

 

複数の役を担当するって言っていたね。

 

3役だった筈。


f:id:anogra:20190327160719j:image

 

天使と言えば金髪。

 

神々しさが増す。


f:id:anogra:20190327160744j:image

 

愛する人間に会うために

自ら便利な翼を失う選択をする。

 

 

人の身になれるが

彼女に愛されなければ消えてしまう

という条件付きらしい。


f:id:anogra:20190327160815j:image

 

乃愛天使

思っていたより大きい。


f:id:anogra:20190327160857j:image

 

人魚姫みたいな展開。

 

 


f:id:anogra:20190327160925j:image

 

翼を失い、人間の世界へ。


f:id:anogra:20190327161012j:image

 

天使「(遠くに飛ばしておきながら)

   さぁ、急いで!!

 

 

酷い…(´・ω・`)

 

 

愛を試すためとはいえ…。


f:id:anogra:20190327161047j:image

 

この雪道の中、そして薄い格好で

よく辿り着いたなぁ。


f:id:anogra:20190327161107j:image

 

あの時の少女……

 

ではない。


f:id:anogra:20190327161137j:image

 

アホ毛と眉毛って重要なんだな」

 

って思った。


f:id:anogra:20190327161205j:image

 

会いたいと願い

必死になってやってきたのに……

 

会いたかった少女は既に亡くなっていた。

 

 

住んでいたのは少女の孫娘。


f:id:anogra:20190327161226j:image

 

切ない…(´;ω;`)

 

 

 


f:id:anogra:20190327161247j:image

 

あの時の「みやこなりきりセット」が

役に立つとは…。

 

f:id:anogra:20190327161308j:imagef:id:anogra:20190327161351j:image

 

落ち込んでいた時に

孫娘があるものを持ってきた。


f:id:anogra:20190327161414j:image

 

あの時のケーキ。


f:id:anogra:20190327161429j:image

 

「あの時の天使に再び会えた時に

 このケーキを食べさせたい」

 

 

孫の代まで

守り、作り続けてきたのか……。


f:id:anogra:20190327161447j:image

 

でも孫が出来たということは

彼女も違う誰かと結ばれたということ。

 

 


f:id:anogra:20190327161507j:image

 

天界に帰る訳にもいかない

(というより帰れない)ので

共に暮らすことに。


f:id:anogra:20190327161527j:imagef:id:anogra:20190327161551j:imagef:id:anogra:20190327161615j:image

 

松本!?

 

 

……イメージ映像か。


f:id:anogra:20190327161637j:imagef:id:anogra:20190327161651j:image

 

そしてお別れの時が……


f:id:anogra:20190327161736j:imagef:id:anogra:20190327161718j:image

 

………。゜(゜´Д`゜)゜。


f:id:anogra:20190327161834j:imagef:id:anogra:20190327161853j:image

 

でも再び天使の姿で再会……ENDかな?

 

 

 

普通に良い話だった。

 

 

 

 

 

素晴らしい劇だった。

 

お疲れ様。


f:id:anogra:20190327161956j:imagef:id:anogra:20190327162014j:image

 

みやこ……。

 

人の少ない所に来た途端これだ。


f:id:anogra:20190327162110j:image

 

担任の先生が

みやこに話があるみたい。

 

 

あの格好で侵入したから

今後一切の立入を禁止………とか?


f:id:anogra:20190327162156j:image

 

母に頼まず

自分で行かないと。


f:id:anogra:20190327162220j:image

 

そうかそうか

寝る準備で忙しいか。

 

 

それなら仕方ない。

寝るのは準備が大変だものね。


f:id:anogra:20190327162323j:image

 

……時々みやこの気持ちが解ってしまう。

 

共感出来る喜び……と切なさ。


f:id:anogra:20190327162408j:image

 

注意や説教で呼ばれたのではなく

衣装のお礼を生徒達と伝えるために

呼び出した。


f:id:anogra:20190327162500j:image

 

良かったね。


f:id:anogra:20190327162615j:imagef:id:anogra:20190327162645j:image

 

ひなたのお陰せいで

皆みやこに興味津々。


f:id:anogra:20190327162702j:image

 

質問攻めと握手会が始まる。


f:id:anogra:20190327162807j:imagef:id:anogra:20190327162924j:image

 

松本さぁ……。

 

せめて妹に悪影響を与えないように

工夫しないと。

 

妹まで姉みたいになったら……。


f:id:anogra:20190327163022j:image

 

そろそろみやこも限界かな?


f:id:anogra:20190327163126j:image

 

みやこを助けようとしていたら

逃げ出した。

 

 

 

 


f:id:anogra:20190327163142j:image

 

もう少し大勢の人の前にいることに

馴れないと。


f:id:anogra:20190327163157j:imagef:id:anogra:20190327163221j:image

 

花がみやこを見つける。


f:id:anogra:20190327163237j:imagef:id:anogra:20190327163342j:image

 

逃げ出してしまったけれど

暫くは頑張っていた。

 

花が最初に出会った時から比べれば

確かに成長はしている。


f:id:anogra:20190327163359j:image

 

これくらいのことで喜んでいてはいけない。


f:id:anogra:20190327163419j:image

 

 

 

それでも頑張って劇を見に来たのは……


f:id:anogra:20190327163456j:image

 

自分が制作に強力した衣装と

それを着て動く花達を見たかったから。


f:id:anogra:20190327163516j:image

 

自分が制作に関わったものの出来とか感想は

きになるものだからね。

 

料理とかがそう。


f:id:anogra:20190327163630j:image

 

好きなものの話になると

テンションが上がるのは、

皆そうではないかな。

 

 

 


f:id:anogra:20190327163703j:imagef:id:anogra:20190327163715j:image

 

「……でも、

 そんなお姉さんも嫌いじゃないです」

 

 

 

 

花との関係も最初の頃から

すっかり変わった。

 

今では花の方から

みやこを求めることも多い。

 

様々な表情を見せてくれるようにもなった。

 

 

「嫌われるかもしれない」

「どうしたらいいか分からない」

 

そう思い、恐れながらも

ぎこちなくも不器用なりに頑張って頑張って

一歩ずつ前へ進んでいって……

 

自分が変わったことで

自分の周りとの関係も変わっていった。


f:id:anogra:20190327163755j:image

 

互いに影響しあって成長していく話って

本当良い。

 

f:id:anogra:20190327163824j:image

 

頑張って良かったね。

 

 

 

 

星野家で打ち上げをすることに。


f:id:anogra:20190327163849j:image

 

帰り道。

 

 

 

……あ、お菓子を貰うの忘れていたね。


f:id:anogra:20190327163930j:image


…まぁ美味しいお菓子なんて

いつでも、いくらでも食べられるさ。

 

 

 

 

 

 

一生お菓子を作ってくれる、

自分を何よりも大切にしてくれる

素敵なお姉さんがいるもの。