ano 学ぶログ

触れて学んで発信・共有する...ゲーム等の趣味、ブログ開設等で学んだことを記事に

アニマエールが教えてくれたもの 【アニメ感想】

皆さんこんにちは。

 

何かに向かって頑張っている人達ってカッコイイですよね。

そんな姿を見ていると「自分も頑張らなければ」と勇気を貰えます。

 

アニメの感想です。

 

先日、TVアニメ「アニマエール!」の最終話が放送されました。

 

この作品は

 

「人の力になることが好きな女子高生

『鳩谷こはね』がチアに魅了され

 仲間と共に応援を通して誰かの力になる」

 

...といった話です。

 

f:id:anogra:20181223232052j:plain

 

チアに魅了されたこはね。

その日から頭の中はチアのことばかり。

 

同好会を設立し、仲間を集めながら

持ち前のポジティブさで色々な人を

元気づけていきます。

 

 

 

 

「チアを始めようにも

 なにをどうすればいいのか分からない」...

 

そう思っていた時、

一人の女性に出会います。

 

経験者・実力者ではあるが、

とある事情でチームから外れ

チアから離れてしまった「有馬ひづめ」

 

f:id:anogra:20181224124549j:plain

 

かつて楽しそうにチアをしているところを

見ていたこはねは

ひづめをチアに誘います。

 

...しかしなかなかいい返事は貰えません。

 

ですが、それでもこはねは諦めません。

 

 

...もう一つ、

部員集め以外にも問題はありました。

 

こはねは「高所恐怖症」だったのです。

 

ひづめを必死に勧誘している時、

言われます。

 

「チアには組技や

空高く放り投げられる技がある」

 

ひづめの過度な勧誘は一度抑えて

こはねは幼馴染の「猿渡宇希」

高い所に慣れる特訓を始めます。

 

f:id:anogra:20181224130751j:plain

 

急に勧誘が来なくなり驚くひづめ。

ふとこんなことを口にします。

 

「(宇希と)二人でチアを始めたのだろうか

 今まで誘ってきたくせに」

 

「結局チアをしてもしなくても

独りぼっちなのか」

 

チアが嫌いなわけではないんです。

チアでまた一人になるのが怖いのです。

 

 

...そんな時、こはねは言います。

 

「チアはきっと

信じあうことが大切

 私はあなたを信じるし、

絶対一人にしない」

 

ひづめが一番言ってほしかった言葉では

ないでしょうか。

 

f:id:anogra:20181224125707j:plain

 

こはねに心動かされたひづめが

一緒にチアをすることに。

 

 

その後も

 

宇希にチアのカッコよさを伝え、

 

自分に自身が無くてあがり症の「舘島虎徹に勇気を与え

 

ひづめを尊敬しているが故に素直になれない「牛久花和」

抑え込んでいた

本当の気持ちを出させることに成功し、

 

色んな人の力になりながら

仲間を増やしていきました。

 

f:id:anogra:20181224130555j:plain

 

とある部を応援している時、

「好きなものに向かって努力する姿」

に心打たれたこはね。

 

もっと頑張りたいと思うこはねに

チアの大会に出るのはどうかと

提案するひづめ。

 

 お揃いのユニフォームを新調し

大会当日を迎えます。

 

その大会にはひづめと花和が所属していた

メンバーの姿も。

 

「ひづめの昔の仲間達を安心させたい」

 

そう思うこはね。

 

...しかし

 

「失敗してはいけない

失敗できない

失敗したらこれまでの

皆の頑張りが無駄になる

失敗したらひづめの

仲間達を安心させることができない」

 

緊張で体に力が入り、

動きもぎこちないものに...。

 

いつも絶やすことのない笑顔が

失われてしまいました。

 

 調子の出ないこはねにひづめはいいます。

 

「悩みがあるなら

話してほしい

 私たちはチーム

なんだから」

 

f:id:anogra:20181224130621j:plain

 

かつての自分とは違い

仲間を気にかけ、寄り添うことが出来るようになったひづめ。

 

自分の事で緊張させてしまっている事を聞いて、ひづめは言います。

 

「いつも通りのチアをして楽しもう

 今回は自分達の為のチアでもある」

 

しかし今度は

いつもどんなチアをしてたのか

分からなくなってしまうこはね。

 

いつも「誰かの為」を優先していた為に

自分の事、自分の気持ちが分からなくなっていしまいます。

 

不安な気持ちのまま迎えた本番、

こはねは体制を崩して

後ろに倒れてしまいそうに......。

 

 

 

f:id:anogra:20181224125751j:plain

 

そんな時支えてくれたのは、

頼もしいチームメイト

...そして今まで自分が応援してきた人達でした。

 

こはねは思い出します。

 

そもそもチアを始めたのは「大好き」という気持ちから。

 

この大会に参加したのだって

「自分も大好きなチアをもっと頑張りたい」

という気持ちからでした。

 

誰かを思うことは大切ですが、

自分の気持ちだって大切にしなければならないのだと思いました。

 

f:id:anogra:20181224124625j:plain

 

チームの大半が始めたばかりなだけあって

結果は予選落ち。

 

しかしこはねの顔に

もう不安な様子はありません。

 

一番に自分達の為に

大会に参加したのです。

 

持てる力を出し切り、自分達が満足していればそれで充分なのです。

 

 

 

...終わってしまうのが惜しいと感じてしまう、良いアニメでした。

 

話のテンポは良く、重すぎずふざけ過ぎずで見やすかったです。

 

見返りを求めたい訳では無いですが、

誰かの為に頑張ったら、

今度はきっと皆が支えてくれる...

 

そう思えると日々の言動も変わるかもしれませんね。

 

因みにアニマエールの「アニマ」は

ラテン語で「魂」だった筈。

(違ったらごめんなさい)

 

 

...魂のエール

カッコイイですね。

 

 

原作の方は好評連載中なので、

良ければ皆さんもチェックしてみてください。

 

長くなりましたが、今回は以上です。

 

では。