ano 学ぶログ

触れて学んで発信・共有する...ゲーム等の趣味、ブログ開設等で学んだことを記事に

意味を探る○○生活

 

あまりにも名曲すぎるので

 歌詞をじっくり見ていき、

 

もっともっとこの曲を

好きになりたいと思いました。

 

では見て、そして聴いていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ね、いっしょにかえろ。

 


(アニメ:ひとりぼっちの○○生活 ED)

2019年 春アニメ
Singer森下千咲 【一里ぼっち】
Other作曲: 西坂恭平

作詞: 安藤紗々

編曲者: 西坂恭平

 

 

 

新しい、くつの音
(はじめまして)ペコリおじぎ
新しい、じぶんになろう
季節と同じ私もかわりたい
 

ノート埋めたまんがみたいに
いっぽ、いっぽ、すすんでいく
 

まるで夢で見たようなセリフなので
一度は疑ってしまいますけれど
ぱっと笑顔が咲きました。
「七分咲きかな?」
 

まだ見慣れないのです伸びてくカゲ
通い始めたら舞ってきたかけらたち
正気失ってしまうほどの
だいじな言葉、今日は私からね。
 
「いっしょにかえろう」
 
いっしょに……
 

  


夕焼けの帰り道
いろんなこと話したいな
難しいテストだったね
明日はお昼パン買いに行こう
 

後ろ向けば弱音たちが
そっと、そっと、手を振ってる
 

まるで夢で見たような景色なので
ほっぺたをつねってしまいますけれど
 ふわっと春風吹きました。
 「わたしの心?」
 

まだ覚えてるのです最初の音
細い糸みたく微笑んでゆれている。
今日がはじまりの1ページ
 忘れられない優しい日
 

 
まるで夢で見たようなセリフなので
一度は疑ってしまいますけれど
 ぱっと笑顔が咲きました。
「七分咲きかな?」
 
まだ見慣れないのです伸びてくカゲ
通い始めたら舞ってきたかけらたち
正気失ってしまうほどの
だいじな言葉、今日は私からね。
 
「いっしょにかえろう」
 
いっしょに……

 

━━━━━━━━━━━━━━★★★★★

 

 

新しい、くつの音
(はじめまして)ペコリおじぎ
新しい、じぶんになろう
季節と同じ私もかわりたい
 

ノート埋めたまんがみたいに
いっぽ、いっぽ、すすんでいく

 

1話冒頭、ぼっちのことですね。

 

新しい季節、新しい生活

新しい制服に新しい靴………。

 

何か新しいことに挑戦するには

丁度良いタイミング。

 

 

新しい靴を見ながら

「このままではいけない、変わらないと」

と思っているのですね。

 

目標は「クラス全員と友達になる」こと。

 

 

まるで夢で見たようなセリフなので
一度は疑ってしまいますけれど
ぱっと笑顔が咲きました。
「七分咲きかな?」

 

セリフとは「いっしょにかえろう」のこと。

 

友達がおらず、

ひとりぼっちだった自分にかけられた

思いがけない言葉。

 

聞くはずのない夢のようなその言葉に

最初は警戒し疑ってしまうけど、

それが好意から来るモノだと知り

思わず笑顔になってしまいます。

 

 

まだ見慣れないのです伸びてくカゲ
通い始めたら舞ってきたかけらたち
正気失ってしまうほどの
だいじな言葉、今日は私からね。
 
「いっしょにかえろう」
 
いっしょに……

 

一般的に学生が「いっしょにかえろう」

と誘うのは夕方。

 

下校中の生徒を夕日が照らし影を作ります。

 

「見慣れない影」とは

ひとりぼっちだった自分と一緒に帰る

友達の影………と自分の影(姿)も?

 

 

今度は自分から誘ってみよう。

 

 

夕焼けの帰り道
いろんなこと話したいな
難しいテストだったね
明日はお昼パン買いに行こう
 

後ろ向けば弱音たちが
そっと、そっと、手を振ってる

 

積極的に「○○したい」と思うのは

自分が楽しいと思えるから。

 

大好きな存在となら

人間少しでも一緒にいたいと思うもの。

 

 

「後ろ向けば弱音たちが
 そっと、そっと、手を振ってる」

 

こういった表現は素敵ですし、

スッと出てくるのは本当に凄いと思います。

 

今友達と一緒に帰っている自分には

かつて一人だった時にいた「弱気」は

もういません。

 

振り向けば後には

かつて一緒にいた弱気が

自分を祝福するかの様に手を振っています。

 

………それも「そっと」です。

 

しっかりと手を振ってしまえば

寂しいけれど楽だった

かつての姿に戻りたくなってしまいます。

 

だから気持ちがこちらに向かわない様に

さり気なく手を振ってくれています。

 

「もうこっちに戻ってきてはいけない」と

 

 

まるで夢で見たような景色なので
ほっぺたをつねってしまいますけれど
 ふわっと春風吹きました。
 「わたしの心?」
 

まだ覚えてるのです最初の音
細い糸みたく微笑んでゆれている。
今日がはじまりの1ページ
 忘れられない優しい日

 

信じられない夢のような出来事なので

頬を引っ張り、夢か現実か確認。

 

それが現実の出来事だと気がついた瞬間に

心に感じる不思議な感覚。

 

上手く言葉にはできませんが

何かを思った時に心に感じるその反応は

よく解ります。

 

スッとなったり酷く痛んだり

心は変化に敏感なんですよね。


f:id:anogra:20190613062011j:image

 

イントロも最高、歌詞も魅力的

歌い方も素敵と隙の無い完成された一曲。

 

皆さんも是非フルで聴いてみてください。

 

 

温かく爽やかで

それでいてどこかせつない神曲です。

 

では。