ano 学ぶログ

触れて学んで発信・共有する...ゲーム等の趣味、ブログ開設等で学んだことを記事に

VS. 夏バテ【食べ物で夏バテ防止】

 

暑い………。

 

ジメジメムシムシ

暑くてつらい毎日...。

 

皆さんお元気ですか?

 

 

この時季はあまりの暑さに

悩まされている方も多いと思います。

 

猛烈な暑さは体調不良だけではなく

熱射病で救急搬送されたり

 

 

.........最悪

死に至ることもあります。

 

 

既に今年、

暑さにやられて救急搬送された方も

多くいらっしゃいます。

 

また毎年、

小学校等でも熱中症で児童が倒れる

というニュースを見ます。

 

 

今度はそうならない様に

冷たいもので体を冷やしたり

お腹を満たしたりして、

 

...逆に冷やし過ぎて

体調を崩すというケースもあります。

 

 

 

私も暑いのが苦手で

毎年夏の暑さに苦しめられています。

 

因みに夏は一年(四季)で

一番苦手です。

 

 

それもこれも

原因は暑さのせい。

 

 

しかしいくら太陽にそれを伝えても

向こうが快適な温度にしてくれる.........

 

...わけではありません。

 

 

 

だったら自分自身で

この暑さを乗り切る工夫を考え

実行するしかありません。

 

 

 

...でも具体的にどのようなことをすれば

それが熱中症対策/予防になるのでしょうか?

 

 

「〇〇すると効きます」

というのはたまに耳にしますけど

 

知識として知っているのはその程度。

 

 

対策を取る前に

正しい知識を身につけないといけませんね。

 

 

私も夏バテはしたくないですし

健康のことって「なる前の予防の段階」が

一番重要だと思います。

 

 

今しっかりと知識を身につけて

ここにその内容を残して…

 

いつでも手軽に内容を確認出来るように

したいと思います。

 

 

今回学ぶのは

 

「夏バテ対策

 予防に効く食べ物」

 

についてです。

 

 

 

 

・そもそも「夏バテ」とは?

 

夏の暑さに

体が対応しきれなくなることにより

起こる症状のこと。

 

暑さでバテてしまうと

体が弱っていきます。

 

所謂、免疫力/抵抗力の低下ですね。

 

 

・何故夏バテするのか?

 

 

人間の体は自動で体温調節を

行ってくれます。

 

「汗をかく」という行為が

それに当たるようです。

 

そしてそれを行うのが

「自律神経」という所。

 

 

自律神経………

 

言葉は聞いたことがありますが、

その様な働きをしてくれているとは

全然知りませんでした。

 

 

では。

 

では、もし

自律神経が乱れることがあったら…?

 

 

そう、つまりは

自律神経の乱れが夏バテの原因。

(他に栄養不足)

 

そして自律神経の乱れは

急激な体温の変化によるもの。

 

「冷房を長時間使用するのは良くない」

というのはこういう事なんですね〜。

 

暑さを凌ぐ筈の「冷たい」が

逆に体に負担をかけていたようです。

 

 

 

f:id:anogra:20190702162030j:plain

 

 

・では具体的に

どのような食材を摂ると良いのか?

 

 

調べてみると

ごく一般的な食べ物で

熱中症に対抗できるようです。

 

 

 

・オクラ(夏野菜)

 

・山芋(ネバネバ系)

 

・枝豆

 

・鰻

 

・塩 レモン 梅干し

 

・カレー(香辛料)

 

・牛乳

 

・大豆製品

 

・キムチ

 

・豚肉

 

・ニンニク

 

・ゴーヤ

 

・ニラ ししとう 玉ねぎ

 

 

上記以外にも沢山ありました。

 

 

改めて挙げた食材を見てみます。

 

成程成程………。

 

「臭みのあるもの」

「酸っぱいもの」

「ネバネバしたもの」

 

辺りが多いですね。

 

どれも栄養のあるものです。

 

似たような食品が多い理由は

それらに含まれる「栄養素」に

秘密がありそうです。

 

 

 

f:id:anogra:20190702162722j:plain


スパイスと夏野菜を

同時に摂取できるカレー

最強ですね!!

 

 

・栄養素で言うと?

 

 

上記に挙げた食材に含まれる栄養素。

 

注目すべきものを紹介します。

 

 

・ミネラル………代謝を助ける

 

ビタミンB1………栄養吸収率アップ

 

たんぱく質………体や血を作る

 

クエン酸 ビタミンC………疲労回復

 

マグネシウム………リラックス

 

 

バランス良く様々な食品を

摂取することが大切です。

 

 

 

たんぱく質は大豆関係から、

クエン酸は酸っぱいものから

摂取出来ます。

 

 

 

【まとめ】

 

今回の内容を

おさらいしていきましょう。

 

 

夏バテとは

体温変化に体がついて行けず

免疫力が低下すること。

 

 

夏バテをするのは

栄養不足や急激な体温変化による

自律神経の乱れによるもの。

 

 

 

夏バテは

食べ物で対抗できる。

 

スパイスの効いたカレーや

クエン酸を含む酸っぱいもの、

 

ネバネバしたものや

臭みのあるものや大豆食品が

夏バテ対策/予防に効く。

 

 

 

栄養吸収率を高めるには

ビタミンB群が欠かせない。

 

 

 

また上記食材でも

「1種類だけ」

「数種類だけ」

では効果は薄い。

 

バランス良く摂取することが大切。

 

 

 

 

夏に食べる鰻や夏野菜。

 

丁度時期な上に

夏バテ防止になるのですから

 

食べない手はありませんね!

 

 

夏バテに負けないように

しっかり栄養を摂取して

今年の夏も乗り切りたいと思います!

 

 

 

今回は以上です。

 

では。