ano 学ぶログ

触れて学んで発信・共有する...ゲーム等の趣味、ブログ開設等で学んだことを記事に

乗る乗る乗せる乗せられる【今週のグリムノーツ】

 

美味しんぼ見てましたすみません。

 

 

皆さんこんにちは。

 

今回はゲームの話

 

「今週のグリムノーツ」

 

です。

 

 

 

↓過去の記事はコチラ↓

ano-manablo.hatenablog.com

 

 

 

襲来イベントを進めながら

闘技場PTを考えています。

 

 

これまで

 

・致死装填黒兎PT

 

・弓ジュリハメPT

 

・攻守両方ファムPT

 

・Cアリスを使いたいだけPT

 

………と色々試行錯誤して

安定した勝率を残せるまでに仕上げました。

 

 

 

最近登場したヒーローは

「同じ作品」「動物」「学園」 等々…

特定のカテゴリに属するヒーローを強化する

スキルを持ったものが多いですね。

 

そういったスキルを眺めながら

「また別のPTを作りたいな~」と思ったので

またまた試行錯誤を始めることに。

 

 

丁度現在開催中のガチャには

上記強化スキルを持ったヒーローが

ピックアップされていますね。

 

最初は「学園」カテゴリで

組もうと考えていましたが、

 

学園ヒーローをあまり持っていないので

それ以外で考えることに。

 

ヒーロー数や枠の問題で

上記スキルを生かしきれない現状ですが、

今後少しずつ完成度を高めていきたいです。

 

 

取り敢えず組んでみました。


f:id:anogra:20190707134511j:image

 

深刻なアビリティジェム不足………。

 

ライドヒーロー二人は

攻防共にそれぞれ+1000上昇する予定。

 

 

デレライドを主砲にしたPT。

 

大砲ヒーローを闘技場で採用するのは

いつ以来ですかね?

 

デレライドは大砲というだけで

無条件で当たりヒーロー。

 

その上凍えを付与出来て

2コスでかなり持続時間の長い必殺技持ち。

 

あの必殺技の長さは

闘技場で武器になると思い、採用。

 

通常ヴィルヘルムの必殺技すら

余裕でやり過ごせます。

 

仮面の発動率の高さも中々。

 

 

ライド兎は専用武器の必要が無いので

イベ武器を装備。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼

 

早速このPTで戦ってみましたが

これは中々…いやかなり強い。

 

動きも自分好みです。

 

初日でもあっという間にキング到達。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼

 

デレライドの必殺技でPTの安定感が増し、

ライド兎の採用でPTに余裕ができました。

 

初期装填がMAXになりましたが

正直8か9あれば十分。


f:id:anogra:20190707134511j:image

 

「装填、耐久がありゲージ回収参加可能な」

ヒーローの存在は大きく、


f:id:anogra:20190707141837j:image

 

無理をして耐久の低い学園ルートを採用する

必要もなくなりました。

 

ティム → Ex に変更して

 

ライド兎 → 学エルノア

学ルート → ライド兎

 

に変更してPT闇耐性を付けるのも

良いかもしれません。


f:id:anogra:20190707141211j:image

 

一枠余裕ができたので

色々と試してみたいです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼

 

ライドヒーローは動きや細部を見ると

色々な発見があります。


f:id:anogra:20190707141510j:image

 

最初は気がつかなかったのですが

 

デレライドは馬車が攻撃しているのではなく

中にヴィランいました。

 

ライド兎は下のウサギも

攻撃してくれているんですね。

 

 

人型ではないブレーメンが登場したら

使いたいです。

 

ワチャワチャしてて面白そう。

 

出してください

(申し訳程度の七夕要素)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼

 

新生アリスやライド兎の登場で

「不思議の国」PTを組んでいる方を

よく見かけます。

 

何だかカードゲームみたくなってきました。

 

 

不思議の国はヒーロー数やカテゴリをみるに

それのみのPTが作りやすい方ですよね。

 

その中でも黒兎が凄い。

 

GN闇 動物 カオス

不思議の国 女性   等々………

 

これでもかと効果を乗せられますよ!

 

元々可笑しいレベルの性能なのに

まだまだ強くできそうです。

 

 

 

ライドヒーローは

今後も増えていきそうですね。

 

 

 

 

今回は以上です。

 

では。