ano 学ぶログ

触れて学んで発信・共有する...ゲーム等の趣味、ブログ開設等で学んだことを記事に

同じ仲間と飯をかこめば【ひとりぼっちの○○生活 9話感想】

 

皆さんこんにちは。

 

今回は

「ひとりぼっちの○○生活 #9」

のアニメ感想です。

 

↓前回の記事はコチラ↓ 

ano-manablo.hatenablog.com

 

 

 

 

家庭科の調理実習。


f:id:anogra:20190607215919j:image

 

なこ達と一緒のチームには

なれなかったみたい。


f:id:anogra:20190607215947j:image

 

倉井さんと友達になる前に

調理実習を乗り越えないといけない。

 

 


f:id:anogra:20190607220011j:image

 

何度か画面に映っていた人達だ。


f:id:anogra:20190607220034j:image

 

こういうのは最初が肝心。

 

最初に話に入っていけないと

ずっとこの状態のままになるから

 

ここで何とか話しかけていかないと。


f:id:anogra:20190607220058j:image

 

 


f:id:anogra:20190607220133j:imagef:id:anogra:20190607220155j:image

 

まだまだ一人では緊張してしまうぼっち。


f:id:anogra:20190607220321j:image

 

仕事を割り振られるが………


f:id:anogra:20190607220349j:image

 

小麦粉煙幕。

 

実際かなりの勢いで出さないと

ここまでにはならないけど。

 

 


f:id:anogra:20190607220418j:image

 

他の班から材料を分けてもらおうと

自分から行動するぼっち。

 

行動自体は偉いけど、誰に声をかけようか。


f:id:anogra:20190607220442j:image

 

助け船を出したのは

世界の副委員長こと、アル。


f:id:anogra:20190607220504j:imagef:id:anogra:20190607220523j:image

 

こういう時のフォローの上手さは流石。

 

普段が残念さの目立つ子だから尚のこと。


f:id:anogra:20190607220556j:image

 

小麦粉と…もう一つ、

 

ボウルに入った謎の白いモノを渡される。


f:id:anogra:20190607220619j:image

 

ひたすら混ぜろとのこと。

 

なんだろう?


f:id:anogra:20190607220643j:imagef:id:anogra:20190607220700j:image

 

生クリームか。

氷水無しで作ったのは凄い。

 

アルに感謝だね。

 

 

 

ありがとうアル!

 

 

凄いぞアル!!


f:id:anogra:20190607220722j:imagef:id:anogra:20190607220735j:image

 

残念な子だなぁ…アル


f:id:anogra:20190607220816j:image

 

2学期になってから

まだ友達が一人もできていない。

 

一応期限付きの友達作りだから

急ぐ気持ちもある筈だけど

 

難易度の高い倉井さんを後回しにしないのは

偉いなと思う。


f:id:anogra:20190607220840j:image

 

「目的の為に友達を増やす」わけだけど、

 

今この時は

「倉井さんと純粋に友達になりたい」

って気持ちがあるんだろうね。


f:id:anogra:20190607220910j:image

 

倉井さんに友達と弟子を紹介。


f:id:anogra:20190607220930j:image

 

ソトカは本当は友達になりたいんだったね。

 

 

忍者に憧れて日本にやって来た弟子に…


f:id:anogra:20190607221039j:imagef:id:anogra:20190607221056j:image

 

隠しきれない残念さと

哀愁漂うオリジナル曲を持つ

 

自称・「世界の副委員長」


f:id:anogra:20190607221202j:imagef:id:anogra:20190607221219j:image

 

そして初めてできた友達の………


f:id:anogra:20190607221245j:image

 

前の席の人。


f:id:anogra:20190607221410j:image

 

もうすぐ君も

この濃~いメンツの仲間入りするんだよ。

 

 

 


f:id:anogra:20190607221353j:image

 

 

 

 


f:id:anogra:20190607221453j:image

 

チラッ


f:id:anogra:20190607221546j:image

 

ぼっちの尾行とか

鈍い自分でも気付きやすそう。

 

後逆尾行は面白そう。


f:id:anogra:20190607221606j:imagef:id:anogra:20190607221627j:image

 

調理実習の件は

本当にアルに感謝しないとね。

 

しかしあの生クリーム、

アルが自分で持ってきていたのかな?


f:id:anogra:20190607221641j:image

 

残念だけど気配り上手な良い子。


f:id:anogra:20190607221707j:image

 

お?

カレー好きなのかな?

 

なんと分かりやすい。


f:id:anogra:20190607221732j:image

 

拗ねなこ可愛い。

 

 


f:id:anogra:20190607221818j:imagef:id:anogra:20190607221847j:image

 

わざわざそんな物まで用意してくるとは…

 

余程楽しみだったのか。

イラストまで書いてあるし………。

 

所で、「強い」カレーって何?

プロテイン入りのカレーかな。


f:id:anogra:20190607221928j:imagef:id:anogra:20190607221946j:image

 

容赦ないなこ達。

 

 

○岡「山でシーフードカレーって………」


f:id:anogra:20190607222020j:image

 

はい可愛い。

 

普段ツンツンしているキャラは

こういったシーンを見るのが楽しみの一つ。


f:id:anogra:20190607222154j:imagef:id:anogra:20190607222209j:image

 

ここ可愛過ぎない?

 

このシーンだけで1クールいける。


f:id:anogra:20190607222243j:image

 

 


f:id:anogra:20190607222335j:image

 

倉井さんの方からも

ぼっちに興味を持っているみたい。


f:id:anogra:20190607222407j:imagef:id:anogra:20190607222441j:image

 

目隠ししながら食材を切るのは危ないぞ。

 

お馬鹿姉弟コンビ好き。


f:id:anogra:20190607222458j:imagef:id:anogra:20190607222512j:image

 

倉井さんの過去に

何があったのか分からないから

 

どう近づいていけば良いのか………

どう仲良くなっていけば良いのかが

浮かんでこない。

 

 


f:id:anogra:20190607222528j:image

 

数あるカレーの中でも

シーフードカレーはベスト3に入る程好き。


f:id:anogra:20190607222617j:imagef:id:anogra:20190607222647j:image

 

食べ物は人を素直に………笑顔にさせる。

 

 

友達になるチャンスかな…と思ったけど


f:id:anogra:20190607222713j:image

 

…まだ難しいみたい。

興味は示しているようだけど。

 

ライバル関係になろうと言われるぼっち。

 

 

 

………決闘でもすれば良いのかな?

 

 

 


f:id:anogra:20190607222732j:imagef:id:anogra:20190607222754j:image

 

ED狂おしい程好き。

 

 


f:id:anogra:20190607222810j:image

 

 

 

 

 感想

 

常に一緒にいる時間が少ないのは

普通ではあるけれど………

 

ぼっちがなこ達と離れて過ごす時間が

少しずつ増えてきた。

 

相変わらず頑張ろうとして空回りしている。

 

けど今回の話で言うと

小麦粉を使えなくした後に

真っ先に自ら材料を貰ってくると言って

行動していたのは素晴らしいと思った。

 

周りも必要以上に手を貸そうとせず、

でも心配して見守ってくれていて

 

改めて優しい人しかいないなぁ……と再認識。

 

 

 

 

………純粋な好意をもって行動した時に限って

空回りするのは何故なんでしょうね?

 

 

 

今回は以上です。

 

では。