ano 学ぶログ

触れて学んで発信・共有する...ゲーム等の趣味、ブログ開設等で学んだことを記事に

世界で一人のユウシャ様 【えんどろ~! #8】アニメ感想

 

皆さんこんにちは。

今回はアニメ
「えんどろ~! ろ~る8」
の感想です。

 

↓前回の記事はコチラ↓

ano-manablo.hatenablog.com

 

 

嘘……

新幹線のWi-Fi、切れすぎ……!?

 

 

 

 

朝。

 

冒険者学校へ向かう途中。


f:id:anogra:20190307125634j:image

 

姫も歩きで通っているのか。


f:id:anogra:20190307125704j:image

 

座学の授業。


f:id:anogra:20190307125730j:image

 

真面目で勉強の得意な

(女子力を犠牲にしているが)

セイラが隣にいると授業も安心だ。


f:id:anogra:20190307125757j:image

 

教えてもらった答えを自信満々に言う。

 

ドヤァ!


f:id:anogra:20190307125818j:image

 

勿論丸聞こえ。


f:id:anogra:20190307125849j:image

 

 

 

実技の授業ではあるのだけど

カルタードのせいか

体を動かすって感じがしない。


f:id:anogra:20190307125935j:image

 

wk!

 

 

ローナのマオちゃん先生への質問に

答えたのはメイ。


f:id:anogra:20190307130011j:image

 

初めて手にした人が口にした言葉で

カルタードと呼ばれることになったのか。

 

 

……言った者勝ちだ。


f:id:anogra:20190307130038j:image

 

元祖ドヤァ!!

 

 

先生の出番を取ってはいけない。

 

 

 

昼食の時間。


f:id:anogra:20190307130108j:image

 

前回の大食い大会ですっかり距離の縮まった

ローナ姫とファイ。


f:id:anogra:20190307130139j:image

 

ファイが自ら食べ物を渡す光景は

皆からすれば有り得ないものらしい。


f:id:anogra:20190307130217j:image

 

ローナ姫の頑張りはファイにとって

本当に嬉しかっただろうね。

 

勿論互いに距離が縮まったけど

ローナ ← ファイ への距離が

特に縮まった様に見える。

 

 


f:id:anogra:20190307130247j:image

 

お買い物。


f:id:anogra:20190307130311j:image

 

一緒に学校に通い授業を受け、

食事に買い物と充実した毎日。

 

 

 

……でも。


f:id:anogra:20190307130336j:image

 

何かを忘れて……いる?

 

 

 

休日、ローナはお供を引き連れ

マオちゃん先生宅へ。


f:id:anogra:20190307130403j:image

 

「ユーシャ様がちっとも

 勇者らしくありません!」


f:id:anogra:20190307130506j:image

 

まぁあの女の子が勇者なんて

所見で分かる人はほぼいないだろうなぁ。


f:id:anogra:20190307130631j:image

 

小さい頃から歴代冒険者の記録を眺め

色々と想像していた姫にとっては

もの足りなく感じるかもしれないけど、

 

 

何も事件が起きなければ

勇者ものんびりするだろうし。

 

歴代の勇者も全員が常に

修行や激しい戦いをしていたわけでは

ないかと。


f:id:anogra:20190307130655j:image

 

あとそう言った物語や伝承は

結構話を盛っていることが多い。


f:id:anogra:20190307130748j:image

 

何とか勇者らしい姿を見せてくれないかと

協力を頼むローナ姫。


f:id:anogra:20190307130727j:image

 

乗り気でないマオちゃん先生

 

 

……だったが


f:id:anogra:20190307130908j:image

 

やはりそう来るか。


f:id:anogra:20190307130952j:image

 

武器みたいに構えるなw

 

 

……まぁ、ある意味武器か。


f:id:anogra:20190307131023j:image

 

金に釣られる魔王。

 

 

 

 

ローナ姫が魔王に攫われたとを言う。


f:id:anogra:20190307132533j:image

 

それを聞いたら

助けるに決まっている。


f:id:anogra:20190307132605j:image

 

金の為に生徒を騙す教師。


f:id:anogra:20190307132624j:image

 

 

 

ここがローナ姫が用意した

嘘の魔王城。


f:id:anogra:20190307132716j:image

 

本物の魔王城そっくり。


f:id:anogra:20190307132741j:image

 

幾つかの試練を用意したので

それらをクリアさせてその姿を

ローナ姫に見せて満足してもらう

という内容。


f:id:anogra:20190307132822j:image

 

いつになく真剣な表情のユーシャ。


f:id:anogra:20190307132930j:image

 

このギャップが良い。

 

 

 

セイラ「どこから敵が来るか分からないわ

    皆気をつけて!」ポチッ


f:id:anogra:20190307134450j:image

 

美し過ぎる

フラグ立てからテンプレの動きに感動。

 

 

あっ……!


f:id:anogra:20190307134516j:image

 

迫る大岩に転ぶ仲間。

 

緊迫感を演出する展開をしっかり

抑えている。

(別に本人は狙った訳ではないけど)


f:id:anogra:20190307134653j:image

 

ファイ ンプレー!

 

??「ドヤァッッ!!」


f:id:anogra:20190307134824j:image

 

岩かと思ったらハリボテ。

 

 

 

 

続いて協力なモンスター……

 

 

あれ?


f:id:anogra:20190307135030j:imagef:id:anogra:20190307135102j:image

 

まさかの最弱モンスター。

 

 


f:id:anogra:20190307135125j:image

 

自分のために戦ってくれるユーシャ達に

喜んでいるローナ姫。


f:id:anogra:20190307135413j:image

 

親切に休憩ポイントまで用意している。 

 

 

 

 

ここでマオちゃんが一言。

 

「のう姫よ。

 おぬしはあやつらを危険な目に

 遭わせたいのか?」


f:id:anogra:20190307135440j:image

 

ここで矛盾に気づく。

 

確かにローナ姫の言うように

勇者に危険はつきもの。

 

……しかし無理矢理危険な目に遭わせる、

それは間違っている。

 

自ら危険に向かって行きたいと思うのは

戦闘狂や命知らずくらい。


f:id:anogra:20190307135502j:image

 

 

 

次に待ち構えるのは魔王四天王。


f:id:anogra:20190307135540j:image

 

黒い。


f:id:anogra:20190307135606j:image

 

本物ではなく変装した騎士達。


f:id:anogra:20190307135624j:image

 

本にあったシルエットをそのまま

再現したのか。


f:id:anogra:20190307135644j:image

 

最強さんみたいな?

 

 

 

……見た目によらず強い。


f:id:anogra:20190307135717j:imagef:id:anogra:20190307135855j:imagef:id:anogra:20190307135939j:imagef:id:anogra:20190307141933j:image

 

ユーシャ達も全力を出して戦っているけど…


f:id:anogra:20190307142000j:imagef:id:anogra:20190307142021j:image

 

全く歯が立たない。


f:id:anogra:20190307142105j:image

 

それもそのはず。

 

相手は王国最強の4人。


f:id:anogra:20190307142125j:image

 

本物の魔王四天王より強いかも?

 

 

 

このままでは

ローナ姫を助けられない…。


f:id:anogra:20190307142146j:image

 

「まだ諦めちゃ駄目!」


f:id:anogra:20190307142207j:image

 

立ち上がった!

 

これは勇者らしい姿。


f:id:anogra:20190307142302j:image

 

ローナを助けたい!

 

その強い思いは……


f:id:anogra:20190307142326j:image

 

姫のボディーガード達にも伝わった。


f:id:anogra:20190307142411j:image

 

トゥンク…


f:id:anogra:20190307142341j:image

 

こういった仲間の士気を高めて

引っ張っていくことが出来るのは

流石勇者といった所。


f:id:anogra:20190307142439j:image

 

4人の姫を思う気持ちを感じた

魔王四天王(ボディーガード)達は

道をあける。


f:id:anogra:20190307142504j:imagef:id:anogra:20190307142525j:image

 

ローナ姫が幼い頃から

ずっと見守ってきたボディーガード達。


f:id:anogra:20190307142646j:image
f:id:anogra:20190307142630j:image

 

体を張って自分(姫)を守ろうとしてくれる

素敵な友達に出会えたことに喜ぶ。


f:id:anogra:20190307142718j:image

 

 


f:id:anogra:20190307142735j:image

 

今回のアイキャッチ大好きw

 

 

 


f:id:anogra:20190307143254j:image

 

まだまだ満足しないローナ姫。

 

 

そんなローナ姫にマオちゃん先生は問う。

 

「今日のあやつらを見てどう思った?」


f:id:anogra:20190307143319j:image

 

自分を助けるために頑張っている姿を

見ることが出来て嬉しい……、

 

けれど同時に感じる胸の痛み。


f:id:anogra:20190307143343j:image

 

ユーシャ達に嘘をついて

その上危険な目に遭わせている。

 

胸の痛みはその罪悪感から来るものだろう。


f:id:anogra:20190307143414j:image

 

変身した!


f:id:anogra:20190307143441j:imagef:id:anogra:20190307143459j:image

 

遂に人前で変身を…。


f:id:anogra:20190307143513j:imagef:id:anogra:20190307143546j:image

 

マオちゃん先生が先生してる……。

 

 

 


f:id:anogra:20190307143528j:image

 

遂に魔王のいる最後の部屋に到着。


f:id:anogra:20190307143608j:imagef:id:anogra:20190307143702j:imagef:id:anogra:20190307143729j:image

 

頑丈なバリアでユーシャ以外の仲間を

閉じ込める。


f:id:anogra:20190307143759j:image

 

魔王と勇者のタイマン勝負。


f:id:anogra:20190307143820j:image

 

キリッとした表情が最高に格好いい。


f:id:anogra:20190307143846j:image

 

戦いの途中で魔王は勇者に問う。

 

「何故姫を助けるのか?

 富や名声が欲しいのか

 それともお前が勇者だからか?」

 

 

「全部違う!!」


f:id:anogra:20190307143912j:image

 

「ローナちゃんは私達の大切な

 友達だから!!」


f:id:anogra:20190307143929j:image

 

ユーシャはいつも

勇者として姫と仲良くしていたのではなく

友達としてローナを大切に思っていた。


f:id:anogra:20190307143952j:image

 

ここでローナ姫がネタばらし。


f:id:anogra:20190307144008j:image

 

とうとう罪悪感に耐えられなくなったか。


f:id:anogra:20190307144028j:image

 

これが全部嘘だと知ったら

そりゃあ驚くよね。


f:id:anogra:20190307144046j:imagef:id:anogra:20190307144101j:image

 

でも嘘をついていたことに

誰も怒りはしない。

 

勇者らしくなくても半分以上

優しさで出来ているから。


f:id:anogra:20190307144123j:image

 

これからは自分の思い描いた勇者像を

押し付けるのではなく

ユーリア個人として見ると誓う。


f:id:anogra:20190307144141j:image

 

パーティの皆からも

勇者らしく思われていない……。


f:id:anogra:20190307144225j:image

 

さぁ、帰ろう。


f:id:anogra:20190307144245j:image

 

先にクールに去ったマオちゃん先生が

格好いい。

 

 

……買収されてなければ。

 

 


f:id:anogra:20190307144303j:image

 

お詫びにお昼をご馳走する。


f:id:anogra:20190307144339j:image

 

初めての料理なのに美味しそう。

 

 

勝手にメシマズキャラかと思っていた。


f:id:anogra:20190307144322j:image

 

ファイが美味しそうに食べているなら

間違いないね。


f:id:anogra:20190307144359j:image

 

ユーリア呼びに変えていたけれど

ユーシャ本人からユーシャ呼びでいいと

言われる。

 

 

勇者 から ユーシャ に。


f:id:anogra:20190307144421j:image

 

 

 

 

 

次回


f:id:anogra:20190307144443j:image

 

 

 

感想

 

中盤以降のマオちゃん先生が

しっかり先生していた。

 

でもあの金塊とかはしっかり貰ってそう。

 

 

前回ローナ姫はユーシャだけでなく

仲間達にも目を向けようとしていたけど

実際はユーシャのことを

一番見ていなかった…という話。

 

今回の話で元々高かった好感度が

更に爆上がり。

 

普段勇者らしさのないユーシャが

あんなに格好いい表情と台詞を出したら

姫がときめくのも無理はない。

 

ギャップってやっぱりいい。

一口で二度美味しい。

 

 

 

今回は以上です。

 

では。