ano 学ぶログ

触れて学んで発信・共有する...ゲーム等の趣味、ブログ開設等で学んだことを記事に

僕らが目指した世界なんだ 【えんどろ~! #12】アニメ感想

皆さんこんにちは。

今回はアニメ
「えんどろ~! ろ~る12」
の感想です。

 

↓前回の記事はコチラ↓

ano-manablo.hatenablog.com

 

 


f:id:anogra:20190331133616j:image

 

さぁどうする勇者パーティ。


f:id:anogra:20190331133634j:image

 

ローナが攫われていったのだから

助けなくてはいけない。


f:id:anogra:20190331133659j:image

 

……けど魔王の居場所が分からない。


f:id:anogra:20190331133718j:image

 

「話は少しだけ聞いていました」

 

 

嘘つけ絶対全部聞いてたでしょ。

 

盗聴のカルタードとか

何個も仕掛けてありそう。


f:id:anogra:20190331133746j:image

 

先生が渡してくれたのは

追跡のカルタード。

 

 

普段から使っているみたい。


f:id:anogra:20190331133823j:image

 

アレな先生だけど、

取り敢えず今は

そのカルタードを貰えるのはありがたい。


f:id:anogra:20190331133842j:image

 

あの光が指し示す方向に

ラピュタ魔王城はある。


f:id:anogra:20190331133956j:image

 

魔王城に向かう前に

先生からユーシャへ一言。

 

「道に迷った時は

 一度スタート地点に戻るのも一つの手」

 

 

 


f:id:anogra:20190331134104j:image
f:id:anogra:20190331134134j:image

 

こっちは緊張感も何もない。

 


f:id:anogra:20190331134154j:image

 

ローナの意味深発言の伏線回収。


f:id:anogra:20190331134216j:image

 

……って

 

感づいていたのではなくて


f:id:anogra:20190331134321j:image

 

意味深な台詞を

言ってみたかっただけなのか……。


f:id:anogra:20190331134302j:image

 

一国の姫であっても

そういったカッコイイものに憧れるお年頃。


f:id:anogra:20190331134352j:image

 

しかしよく

全ての勇者パーティの特徴や行動を

スラスラ話せるなぁ。


f:id:anogra:20190331134444j:image

 

マオもカッコイイ姿に憧れの気持ちがあって

変身していたのか。


f:id:anogra:20190331134419j:image

 

自作のポエムも書いていたのか。

 

 

ポエムとかの黒歴史の話題を出すのは

やめてさしあげろ。

 

 

……ホント消えたくなるから。


f:id:anogra:20190331134536j:image

 

何故メイゴが把握しているのか。

 

……従者とはいえ。


f:id:anogra:20190331134601j:image

 

マオのことなら何でも知っている。

 

 

そして勇者と魔王の秘密についても。


f:id:anogra:20190331134623j:image

 

なにやら重要そうな話。

 

 

 


f:id:anogra:20190331134642j:imagef:id:anogra:20190331134733j:image

 

空飛ぶ巨大ペンギン。

 

凄くチャックを探したくなる

フォルムをしている。

 

 

こんなモンスター

町の近くにいるんだ。

 

そして長距離飛行出来るんだ…。


f:id:anogra:20190331134800j:image

 

ペン語で交渉。

 

深夜料金は高くつきそう。


f:id:anogra:20190331134836j:image

 

魔王城前で野営。

 

 

だというのに

このメンバーはいつも通り緊張感がないな。


f:id:anogra:20190331134916j:image

 

さて……

 

魔王城の前まで来たけれど

どうすれば良いのか。


f:id:anogra:20190331135005j:image

 

ユーシャも分からなくなっている。

 

 

…どうするべきなのか。


f:id:anogra:20190331135023j:image

 

………どうして勇者になりたかったのか。


f:id:anogra:20190331135050j:image


f:id:anogra:20190331135137j:image

 

そこへメイゴがやって来る。


f:id:anogra:20190331135119j:image

 

メイゴが語るは

勇者と魔王の戦いの歴史と秘密。

 


f:id:anogra:20190331140817j:imagef:id:anogra:20190331140858j:image

 

初代魔王が突如現れ

人々は恐怖した。

 

同じ様に勇者と呼ばれる存在が現れ

魔王を討ち、平和をもたらした。


f:id:anogra:20190331140932j:image

 

魔王を倒しても

次の代が残った力を得て復活。

 

 

しかし魔王は自分の意思で

目覚める訳ではないらしい。

 

そしてそれを待っていたかの様に

勇者も現れる。

 

 

999代も魔王の力を削り続けた結果

魔王の力はあと僅か。

 

今代のマオが倒されたら

力を失い、マオは消滅する。

 

逆に倒さなければ

マオは完全に力を取り戻し

世界が滅ぼされる。


f:id:anogra:20190331141051j:image

 

誰かさんの都合で

起こされ戦わされて

倒される為に生きている…と。

 

マオもそれを聞いて

すっかりこんな状態に。


f:id:anogra:20190331141120j:image

 

勇者という存在に憧れていた者達に

突き付けられた真実。

 

 

勇者なんて存在は

輝かしいだけのものではない。


f:id:anogra:20190331141238j:image

 

某勇者モノや

某怪盗団世直し物語を見ていると

 

大衆がとても怖い存在に思えてくる。

 

期待という名の

プレッシャーを与え続け、 

 

普段は散々祭り上げておいて

何か被害を受けたり失ったりすると

責任と不満を押し付けてくる。

 

大衆にとって勇者の様な存在は

(例え無意識であっても)

都合の良い道具としか

思っていないのでは?……と。

 

 

 

「マオを救って世界が滅びるのを待つか」

 

「世界を救う為にマオを討つか」


f:id:anogra:20190331141300j:image

 

オーバーヒートしたw


f:id:anogra:20190331141401j:image

 

仕方ない。

 

このパーティの考える担当は

セイラだから…。


f:id:anogra:20190331141328j:image

 

悩むユーシャ。

 

f:id:anogra:20190331141518j:image

 

冒頭のあの言葉を思い出す。


f:id:anogra:20190331141459j:image

 

迷った今、

もう一度スタート地点へ。

 

 

 

 


f:id:anogra:20190331141616j:image

 

ユーシャからマオ宛の手紙が届く。


f:id:anogra:20190331141643j:image

 

ポスト付の魔王城w


f:id:anogra:20190331141723j:image

 

手紙の内容は?


f:id:anogra:20190331141816j:image

 

道に迷ったみたいだから

一度スタート地点へ戻ってみるね☆


f:id:anogra:20190331141748j:image

 

待ちくたびれたマオの方から

ユーシャ達に会いに行くことに。


f:id:anogra:20190331141905j:image

f:id:anogra:20190331141923j:image

 

おぉ!

 

名前呼びした。


f:id:anogra:20190331141946j:image

 

嬉しい…気持ちがある?

 

 

 


f:id:anogra:20190331142022j:image

 

ユーシャ達の出会った場所。

 

そして、

ユーシャ達のスタート地点。

 

 

突然、ユーシャが質問を

投げかける。

 

「セイラは何故聖者に

    なろうと思ったのか」


f:id:anogra:20190331142055j:image

 

代々守ってきた

一族の絆を繋げていく為。


f:id:anogra:20190331142142j:image

 

こういったことを話すのって

何だか緊張するよね。


f:id:anogra:20190331142256j:image

 

森とそこに住む生き物を守る為。


f:id:anogra:20190331142338j:image

 

メイは……


f:id:anogra:20190331142402j:image

f:id:anogra:20190331142431j:image

 

聞かなくてもいいか。


f:id:anogra:20190331142501j:image

f:id:anogra:20190331142523j:image

 

じゃあユーシャは?

 

ユーシャはどうして

勇者になりたかったのか。

 

 

ユーシャも忘れていたその理由……


f:id:anogra:20190331142547j:image

 

「カッコイイから!!」

 

 

まぁ皆、大体はそう思って

何かに憧れていくものだからね。

 

f:id:anogra:20190331142625j:image

f:id:anogra:20190331142910j:image

 

…でも、それとは別に

もう一つあるみたい。


f:id:anogra:20190331142939j:image

f:id:anogra:20190331143035j:image

 

マオ達もやって来た。


f:id:anogra:20190331143109j:image

f:id:anogra:20190331143204j:image

 

ユーシャそこ代わって。


f:id:anogra:20190331143411j:image

f:id:anogra:20190331143451j:image

 

マオは戦う気満々。


f:id:anogra:20190331143540j:image

 

しかしユーシャ達は

やっぱりマオとは戦いたくない。


f:id:anogra:20190331143600j:image

f:id:anogra:20190331143628j:image

 

ユーシャの甘さは

勇者として駄目なのかもしれない。


f:id:anogra:20190331143708j:image

f:id:anogra:20190331143735j:image

 

けれど魔王の正体が

自分達の友達と知ったら

何とかして助けたい気持ちがある。


f:id:anogra:20190331143837j:image

 

皆にとってマオという存在は

生徒思いの先生の姿だからね。


f:id:anogra:20190331143855j:imagef:id:anogra:20190331143914j:imagef:id:anogra:20190331143931j:image

 

マオとの時間は

ユーシャ達にとって宝物。


f:id:anogra:20190331144007j:image

 

……それはマオにとっても


f:id:anogra:20190331144039j:image

f:id:anogra:20190331144101j:image

 

楽しい時間である筈。

 

宝物である筈。


f:id:anogra:20190331144131j:image

 

だからこそ

このままでいるのが怖いのか。


f:id:anogra:20190331144213j:image

 

長い時間

独りぼっちで過ごしてきたから

その気持ちを思い出したくない。

 

再び味わいたくない。


f:id:anogra:20190331144235j:image

 

ならば…どうせ消えるのなら

自分の教え子に倒される方がいい。


f:id:anogra:20190331144258j:image

 

 


f:id:anogra:20190331144331j:image

 

剣を構えた…。

 

 

本当にやるの...?


f:id:anogra:20190331144358j:image

f:id:anogra:20190331144517j:image

f:id:anogra:20190331144553j:image

 

 

 

 

 

「チビちゃん!!

 ご飯だよ!!」


f:id:anogra:20190331144612j:image

f:id:anogra:20190331144635j:image

 

え?


f:id:anogra:20190331144715j:image

 

剣を投げて……


f:id:anogra:20190331144737j:image

 

ちょっw


f:id:anogra:20190331144810j:image

 

あれが無ければ

勇者ではいられない。


f:id:anogra:20190331144853j:image

 

ここでユーシャが

勇者になりたかった

もう一つの理由を話す。

 

 

「皆楽しく

    笑っていてほしいから」


f:id:anogra:20190331144918j:image

 

「皆」

 

そこには当然

マオも含まれている。


f:id:anogra:20190331144939j:image

 

いい理由

 

 

なんだけど……。


f:id:anogra:20190331145004j:image

 

魔王が力を取り戻す方は

まだ解決していないのでは?


f:id:anogra:20190331145023j:image

 

魔王を止める唯一の武器を

自ら手放したけど。


f:id:anogra:20190331145039j:image
f:id:anogra:20190331145057j:image

どうしよう。

 

 

 

……とか思っていたら


f:id:anogra:20190331145121j:image
f:id:anogra:20190331145143j:image

 

メイゴがマオを投げた。


f:id:anogra:20190331145211j:image
f:id:anogra:20190331145252j:image

 

マオまで飲み込んだ……。


f:id:anogra:20190331145419j:image

 

あ、出てきた。

 

 

というより吐き出された。


f:id:anogra:20190331145452j:image

 

すると

マオの魔王としての力が……


f:id:anogra:20190331145535j:image

消えたみたい。

 

何故?

 

 

 

メイゴが説明を始める。


f:id:anogra:20190331145609j:image

 

あの最終決戦の時、

メイゴも過去に飛ばされていた。


f:id:anogra:20190331145633j:image

 

そこでチビに出会って

飲み込まれたと。


f:id:anogra:20190331145655j:image

f:id:anogra:20190331145720j:image

 

このドラゴンは

食べたも者の概念まで

食べてしまうみたい。


f:id:anogra:20190331145748j:image

 

成る程。

 

チビを使って

魔王という存在を消すのが

メイゴの目的だったのか。


f:id:anogra:20190331145818j:image

 

しかしそんな力を持った存在を

何処で見つけたのか?


f:id:anogra:20190331145931j:image

 

気づいたら一緒にいたとか

ホラーじゃないか。


f:id:anogra:20190331145949j:image

f:id:anogra:20190331150014j:image

 

まぁいっか!!!

 

で済ますのか……。

 

 

 

 

……なんて話していたら


f:id:anogra:20190331150037j:image

 

夜が明けてきた。


f:id:anogra:20190331150106j:imagef:id:anogra:20190331150138j:image

 

また冒険者学校で過ごす毎日が始まる。

 

 

 


f:id:anogra:20190331150207j:image

 

周りには

流石に話せないか。


f:id:anogra:20190331150230j:imagef:id:anogra:20190331150246j:image

 

もう魔王も勇者もいない。

 

 

……つまりユーシャは無職か。

 

 

 

ローナが一冊の本を

持ってくる。


f:id:anogra:20190331150303j:image

 

新しい勇者物語。


f:id:anogra:20190331150320j:image

 

尚、まだ中身は真っ白。


f:id:anogra:20190331150343j:image

 

「私達の未来は真っ白だから

   何にでもなれるよね!」


f:id:anogra:20190331150414j:image

 

「だったら私は

    やっぱり勇者になるよ!」


f:id:anogra:20190331150541j:image

f:id:anogra:20190331150441j:image

 

これからは

勇者の使命や魔王の存在に縛られず

新しい「勇者」を目指していける。


f:id:anogra:20190331150522j:image

 

どんな勇者となって

どんな物語を描いていくのか

 

 

この4人なら、何か凄いことを

また見せてくれる気がする。


f:id:anogra:20190331150650j:image

 

 

さぁ、999代目の勇者パーティの物語

 

 

 

ここからまた…創めよう!!