ano 学ぶログ

触れて学んで発信・共有する...ゲーム等の趣味、ブログ開設等で学んだことを記事に

カントー地方 バーナーとバグ探し旅1

 

 

カントー地方 バーナーとバグ探し旅1

 

 

 

 

懐かしいものと

新しい発見との出会いを求めて...


f:id:anogra:20220904131130j:image

 

ポケットモンスター ポニータ

ポケットモンスター 緑

 

 

冒険、スタート。

 

 

 

 

 

のんびりまったり

寄道多めの旅をします。

 

 

 

こんにちはオーキド博士


f:id:anogra:20220904131147j:image

 

オーキド博士について、よく

 

「新種のポケモンが出る度

 無能を晒す博士」 

 

...なんて言われていますが、

別に無能ではないよね

 

というのが個人的な考え。

 

 

カントー地方

現時点で発見されたポケモン

151種いると発言しただけで

 

その後新種が新たに発見されたり

別の土地で異なる姿が見つかったり

新たな変化・進化が起こったりなんて

ポケモンに限らずよくある事ですし。

 

常に新たな考えや発見が生まれ

それまでの考えを改めていくなんて

研究していく中で当たり前の事。

 

 

寧ろポケモン図鑑というハイテクアイテムを

生み出した事についてもっと評価されるべき。

 

 

 

 

ご挨拶が遅れました。

 

私、ミドリと申します。


f:id:anogra:20220904131204j:image

 

コンゴトモヨロシク。

 

...まぁ旅の途中で直接会う機会なんて

殆ど無いんですけどね。

 

 

かといってSMみたいな

保護者同伴島巡りツアーはNG。

 

 

 

 

 

 

 

博士「こいつはワシの孫!」

 

博士「名前はなんて言ったかな」チラッチラッ


f:id:anogra:20220904131326j:image

 

初対面の子供(主人公)に

自分の孫の名前を尋ねる大人。

 

博士って親戚多いのかな?

なら仕方ないのかもしれないが...。

 

 

親戚とか多すぎ&普段合わないから

名前とか年齢とか全然覚えられない。

 

 

 

 

 

 

この旅では

 

懐かしのカントー地方

思い出しながら見ていくと同時に

 

初代だからこそできる

バグ技を実際に体験しいくことが

目的です。

 

図鑑完成?何の事ですか...?


f:id:anogra:20220904131314j:image

 

プレイ直後にできる

簡単なバグとしては

 

こちらの女性NPC

マサラタウン入口まで誘導して

オーキド登場イベントを発生させる

 

...というものがありますね。


f:id:anogra:20220904131401j:image

 

1度誘導に失敗しましたが

面白い挙動をしたので見られて良かった。

 

やはり実際にプレイして

バグ発生の瞬間を見るのは面白いです。

 

 

 

 

 

次回以降もバグを色々と試しながら

懐かしのカントー地方の旅を

楽しんでいきます。

 

 

 

 

 

今回は以上です。

 

では。