ano 学ぶログ

触れて学んで発信・共有する...ゲーム等の趣味、ブログ開設等で学んだことを記事に

あしたに、手を伸ばして 【私たちの青春の物語 54】

 

皆さんこんにちは。

 


<<< Back

ano-manablo.hatenablog.com

 

 

 


もうすぐブルーアーカイブ

リリースから1年を迎えます。


f:id:anogra:20220116002234j:image


1/21には生放送もありますので

そちらも要チェックです。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~*

 

 

※以下、ブルアカのメインストーリー「エデン条約編」の内容について容赦なく紹介し、また話していきますので、見るかどうかはネタバレ注意の自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

紹介とか、感想とか。

 

 

 

 

1周年を祝う前に、楽しみにしていた

「エデン条約編」の続きを見よう。


f:id:anogra:20220116002347j:image

 

無限増殖する敵勢力に

 

各地で重傷を負い倒れていく

実力・権力のある生徒達

 

指揮者がいなくなり混乱に陥る人々


f:id:anogra:20220116002410j:image

 

バラバラになる補習授業部

 

全てを一人で背負い、

終わらせようとするアズサ

 

 

条約締結を誰よりも願い

本当は誰より脆い心を隠しながら

誰よりも頑張ってきたヒナは

今回の襲撃で重症&心が折れてしまい


f:id:anogra:20220116010158j:image

f:id:anogra:20220116010210j:image

ヒナがその小さな体で命懸けで守り

避難させた先生は

 

銃弾が命中し、出血多量、

意識不明の状態に...。

 

 

 

 

この絶望的状況から


f:id:anogra:20220116010333j:image

 

「抜け出せる訳がない」

 

「未来を視た、

 結末はもう絶望と決まっている」

 

「結末がきまっているのに足掻くのは

 無意味でしかない」

 

f:id:anogra:20220116010628j:image

 

セイアにそう言われても尚、

先生は信じ続けたのが凄い。


f:id:anogra:20220116010353j:image

 

このエデン条約編どころか

最初から先生はずっと信じ続けて

 

事態からずっと目を逸らさず

向き合い続けているけど

 

 

あの時の、あの思いを

聞いたからなのだろうか?


f:id:anogra:20220116010409j:image

 

話はチュートリアルから

繋がっているんだ…。

 

先生の一貫した言動は本当にカッコイイ。

 

「先生」という立場だからって

用容易にできることではない。

 

 

 

だからこそ、

そんな先生だからこそ

 

現れた時、復活した時の

頼もしさが凄いのかな、と。

 

安心感が半端ない。

 

味方サイドの唯一の大人でもあるし。



 

~~~~~~~~~~~~~~*

 

 

 

変わらず頼れる先生だけが

この物語のメインではなくて、

 

 

このエデン条約編は

「補習授業部」の4人が

物語のメインの存在。

 

 

エデン条約編開始時の

集まったばかりのシーンを

改めて見て、比べてみると...


f:id:anogra:20220116011027j:image

f:id:anogra:20220116011037j:image

 

↑ これ程の差が ↓

 

f:id:anogra:20220116011343j:plainf:id:anogra:20220116011102j:image

 

皆仲間思いに、

仲間と思える程の関係に。

 

そして補習授業部で過ごした時間が

いつしか宝物に。

 

特にアズサは普通の学生生活、

学ぶことを心の底から楽しんでいた。

 

f:id:anogra:20220116011113j:image

 

その大切な仲間が一人

 

普通に生きることを諦め

敵の元へ向かったのに


f:id:anogra:20220116011257j:image


助けにいかないなんてあり得ない。

 

 

 

 

「人殺し」の自分は平凡な暮らしの

ヒフミ達と同じ世界にいる資格はない、と

離れていくアズサを

 

何とか連れ戻そうとするヒフミの

説得シーンは結構すき。


f:id:anogra:20220116011603j:image

f:id:anogra:20220116011603j:image

 

傍から見たら意味不明な

馬鹿馬鹿しい説得方法かもしれないけど

 

伝えたい事は理解できるし

一生懸命なヒフミの説得は心にくる。


f:id:anogra:20220116011630j:image

 

 

 

 

そしてここからが色々と熱い。

 

熱い展開の連続に

テンションが上がる上がる。


f:id:anogra:20220116011652j:image

f:id:anogra:20220116011704j:image

 

これは予想外

 

対策委員会編からアビドスの皆が。


f:id:anogra:20220116011734j:image

 

そしてツルギやヒナ達も復活。

 

f:id:anogra:20220116011746j:image

 

全員の力で

無限に表れる敵に挑むという


f:id:anogra:20220116011807j:image

f:id:anogra:20220116011844j:image

 

今までのメインストーリーには

無かった展開の連続。


f:id:anogra:20220116012044j:image

 

ハスミとチナツの共闘も

ブルアカ開始直後のチュートリアル...

プロローグ以来です。


f:id:anogra:20220116012512j:image

 

でもきちんと、あくまで

メインは補習授業部メンバー

としている点も良い。

 

 

 

 

 

思いのぶつけ合いは戦闘以外でも続く。


f:id:anogra:20220116012456j:image

f:id:anogra:20220116010628j:image

 

エデン条約編序盤の

あの「好きな物語の結末」の

 

何気ない会話がまさかここに繋がるとは

 

 

テンション上がりっぱなしですよ。

 

 

 

 

敵の強い思いに対し

思いをぶつけたのは...

 

 

 あじたに

阿慈谷 ヒフミ 16歳


f:id:anogra:20220116012718j:image

 

趣味も成績も身体も運動能力も

自他共に認める、THE・平凡

 

 

何か他人より劣っているものが

ある訳ではないが、特別優れた何かが

ある訳でもない。

 

大層な夢や野望がある訳でもないし、

恨み憎む相手や何か使命がある訳でもない。

 

 

ただちょっとだけ、

普通の人より感受性が強いというだけの子。

 

そんな普通の子が

大きな野望を持つ敵に言い放った

自分の気持ち、考え。


f:id:anogra:20220116012616j:image

 

あああ...すっかり忘れていた。

 

メインストーリーにはこれがあったんだ。

 

重要シーンでの

スチル+ボイス付台詞。

 

本当良い演出、ここで来たか。

 

 

 

 

 

ここからのヒフミの考え・台詞が

大好きで何度も見返してしまう。

 

もう最高、最高でしかない。

 

f:id:anogra:20220116025144j:image

 

現実はどうだとか

こうあるべき・こうなるものだとか

 

そんなこと知った事じゃないし

私は好きじゃない

 

 

誇れる何かが無い私でも

すきなもの、大切にしたいものがある

 

それは絶対に、

誰であろうと譲る気はない


f:id:anogra:20220116013016j:image

 

どんなに苦しい道のりでも

頑張って、助け合って、

 

躓きながらも前に進んで

 

f:id:anogra:20220116012812j:image

 

それでも最後は、幸せだったと

頑張ってきて良かったと

 

これまでの苦しみも

この瞬間が輝く為にあったのだと

そう思えるような

 

 

誰もが幸せになれるような

そんな話が大好きだ

 

f:id:anogra:20220116012839j:image

 

何度だって言ってやる

これは私の、私達の物語だ


f:id:anogra:20220116013122j:image

 

これからも長く続いていく

この物語の内容は、結末は

私達が決めるものだ

 

他の誰にも

好き勝手にはさせない

 

 

 

 

...平凡な彼女の強い思い。


f:id:anogra:20220116025230j:image

 

そんな平凡な彼女が起こした

ほんの少しの奇跡

 

f:id:anogra:20220116013200j:image

 

天候操作とかこれもう

主人公じゃあないか...!!

 

 

 

そしてタイトル回収...!!

 

 

 

 

色々と良い演出や展開を

詰め込んでくれましたが、

 

何というか...

 

「エデン条約編」の

ひとまずの区切りとしてだけでなく

 

 

間もなくリリース1周年記念を迎える

「ブルーアーカイブ」の1年目の物語の

 

一つの区切りとして

色々と詰め込んでくれた感じですね。

 

 

「エデン条約編」の物語に

「対策委員会編」のその後の

対策委員会メンバーの登場、

 

その両生徒だけでなく

 

チュートリアルストーリー以来の

ゲヘナ、トリニティの共闘

+大人のカード戦

 

繋がる共通の敵の存在

 

タイトルの回収 etc...

 

 

 

生徒が、先生が、プレイヤーが、

 

この一年間で体験してきた記録・思い出

ここに全部詰まっているぞ、繋がっているぞ

 

全部意味のあるものとして

ここに残っているぞ、と。

 

 

ブルアカのこういう所が、

 

何気ない日常とその中での奇跡...

...それが大好き。


f:id:anogra:20220116013414j:image

 

勿論対策委員会編同様

エデン条約編も一区切りついたとは言え

今後に繋がるであろう問題や伏線、

謎が残っていますし、

 

 

状態や関係の修復を

これからまた始めていくべき者も

いるのだけれど...


f:id:anogra:20220116013535j:image

f:id:anogra:20220116013458j:image

f:id:anogra:20220116013509j:image

 

それでも、ブルアカの1年目の物語は

これでこうして丁度良い場所で

一旦終わる事が出来たと思います。

 

 

1周年前に

読み進めておいて良かった。

 

 

 

 

 

 

 

これからの...2年目のブルアカ

メインストーリー等、

どの様になっていくか...非常に楽しみです。

 

 

 

まずは1/21の周年記念生放送で

新情報に期待することにします。

 

 

■ブルアカ 1周年記念特設サイト

bluearchive-1st.jp

 

ブルーアーカイブ | 1周年記念特設サイト (bluearchive-1st.jp)