ano 学ぶログ

触れて学んで発信・共有する...ゲーム等の趣味、ブログ開設等で学んだことを記事に

夢を失った私が ここにいる理由【白い砂のアクアトープ 2話】

 

アニメ「白い砂のアクアトープ」

2話

f:id:anogra:20210716173903j:plain


 

 

 

<<<Back...

ano-manablo.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OPもEDも

放送開始前から試聴していたけれど

 

f:id:anogra:20210716174440j:image

 

どちらも作品の雰囲気というか...

 

「夏」「海」等のイメージに

ピッタリ合っていて良いなぁ...。


f:id:anogra:20210716174159j:image

 

 

「ここで働かせてください」

 

「なんでもやります!」


f:id:anogra:20210716174212j:image

 

あんまり「何でもやる」は

口にしない方が...。

 

本当に何でもやらされる場合も

あるかもしれないし。

 

 

 

 

風花の突然のお願い、

館長代理のくくるだけで

判断する訳にはいかないので

 

おじいに相談。


f:id:anogra:20210716174259j:image
f:id:anogra:20210716174424j:image

 

夏休み期間ということで

ここに泊めてもらえることに。

 

 

 

 

おじいは

がまがま水族館が閉館した後の

魚達の引き取り先を探しているのかな?


f:id:anogra:20210716174147j:image

 

閉館するなら仕方ない、

魚達の行先決めと後片付け

それらを終わらせていこう。

 

...が、くくるのおじい

 

 

大好きな居場所だから

まだ、最後まで諦めたくない

 

...が、くくるの考え。

 

 

 

おじいは特にもういいとか

諦めろとかは言わないのね。


f:id:anogra:20210716174427j:image

 

えんどうのスジ取りは大切。

 

 

夜、再び風花の母親から電話が。


f:id:anogra:20210716174406j:image

 

気持ちの整理がついたら

きちんと説明するつもりだろうけど

 

流石にこれ以上誤魔化し続けるのは

キツイのでは?

 

 

 

娘の安全を確認した後の第一声が

𠮟る言葉ではなく

 

心配・安堵のものなのは

やはり母親なんだな、と。

 

 

 

くくるはその夜

仲間との集まりが。


f:id:anogra:20210716174403j:image

 

かめー

 

 

 

くくるはおじい達に内緒で

水族館内の備品修理を行おうと

コッソリ計画中...。


f:id:anogra:20210716174152j:image
f:id:anogra:20210716174238j:image

 

くくるだけで

この金額を用意するのは

中々に難しいだろうけど...。

 

 

元々人が沢山くる水族館なら

それも可能かもしれないけど

 

お客さんはいつもの顔ぶれ(少数)

...だから、まずは集客の問題。


f:id:anogra:20210716174228j:image

 

因みにここ「カメー」で働く

月美の母は

 

一話で風花が出会った占い師。


f:id:anogra:20210716174430j:image

 

イベントをドンドン開催して

集客UPを狙うくくる。

 

期間はあまり無いけれど

間に合うのだろうか...。

 

 

 

 

 

くくるから風花へ質問

 

「うちで働けなかったら

 何処へ行くつもりだったのか」


f:id:anogra:20210716174232j:image

 

「...何処でも」


f:id:anogra:20210716174225j:image

 

水族館で働く、

水族館の存続の為働く人としては

 

「何処でも良かった」

「誰でも良かった」

 

という答えは

悲しいというか残念というか。

 

 

 

その他の質問にも

答えられず...。

 

 

次の日。


f:id:anogra:20210716174347j:image

 

人がいなさすぎるw

 

 

空也さんほぼ毎日出勤かな...。

 

 

 

 

さぁ仕事だ。

 

さぁ着換えだ。

 

 

水族館で働いた経験のない

風花にとっては施設内の魚臭さは

すぐには慣れないか。


f:id:anogra:20210716174351j:image

 

マニキュアNG

香水NG

化粧NG

 

 

命を扱う場だから、まぁそうか。


f:id:anogra:20210716174235j:image

 

1話でくくるが

爪とか匂いの確認をしていたのは

 

人として...だけでなく

水族館で働く者として

気にかけていたのかもしれない。

 

 

 

ペンギンの餌やりがあるので

そちらのお手伝いをすることに。

 

...いきなり難易度高くないかな。


f:id:anogra:20210716174222j:image

 

冷凍の魚を使用するので

溶けだした栄養は

ビタミン剤を入れて補うのか。

 

 

必要な餌の量とか

タイミングもあるから

 

用意するのはどうしても

冷凍の魚になるだろうし...

 

このようなやり方は

他の水族館でも行われているのかな?


f:id:anogra:20210716174320j:image

 

ペンギンの餌やりショースタート。


f:id:anogra:20210716174217j:image

 

ペンギン(空腹+集団)は

餌やりが大変そうだと

 

実際(リアルで)見ていて感じたなぁ。

 

 

上からペンギンの口に向かって

魚を近づけるけど

 

餌やりのシーンを見ていたら

何時までも手で魚を持たず

ある程度の高さで手から離したり

 

手をつつかれない様に

上から下へ降ろす手を引いたり、と。

 

 

気を付けないと

手を怪我してしまうよね。

 

 

 

...それを新人に知らせず

いきなり上手くやれと言っても。


f:id:anogra:20210716174144j:image

 

...これは失敗しても仕方ない。


f:id:anogra:20210716174317j:image
f:id:anogra:20210716174420j:image

 

これ、

餌をどのペンギンに与えて

どのペンギンにまだ与えていないか

 

餌の魚一匹単位で

飼育員が把握するとしたら

(実際の確認方法がどうかは

分からないけれど...)

 

 

餌の入ったバケツを

ひっくり返してばらまいてしまった

この状況は色々とマズイのでは...。


f:id:anogra:20210716174343j:image

 

けしからんペンギンだ


f:id:anogra:20210716174156j:image

 

集団で集まっているペンギンの中から

どの子が誰か(何というペンギンか)を

一瞬で判断する飼育員の方々って

本当に凄い。


f:id:anogra:20210716174313j:image

 

風花が転んだ際に

本人とペンギン達に

怪我が無かったのが幸い。

 

 

...しかし、ショーは失敗。

 

後、ペンギン達に何かあってからでは

遅いから...

 

もっと生き物達のことを考えて、と

くくるに注意される。


f:id:anogra:20210716174245j:image

 

生き物側からしたら

 

「何処でも良かった」と考える

飼育員にお世話されるよりも

 

「この仕事がやりたい」と思う

飼育員に自分の命を預ける方が

安心できるか。

 

 

また、そういった気持ちって

少なからず言動に現れるんだよね...。

ぁぁぁぁ...耳が痛い...

 

 

くくるがいきなり

この仕事を振ったのも

良くなかったかもしれないけど


f:id:anogra:20210716174414j:image

 

風花は風花で

覚悟が足りなかった、

 

軽く考えていた面も

あったのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

大好きな場所・生き物を守る為

必死なるのは良いことだけど

 

(元々忙しい+急な新人追加とは言え)

説明不足だったり

声を荒らげてしまったりするのは


f:id:anogra:20210716174241j:image

 

くくるはくくるで

焦りを感じているから、か。

 

 

 

これ夜気まずいだろうなぁ...。


f:id:anogra:20210716174330j:image

 

入口に飾ってあるボード。

 

こういった手作りのものって

温かみがあって好き。


f:id:anogra:20210716174411j:image

 

某旅館に映画撮影に来た

借金持ち映画監督みたいな

怪しい人達。


f:id:anogra:20210716174355j:image

 

怪しい2人組とくくるは中へ...


f:id:anogra:20210716174252j:image

 

夏凛さんは癒し。


f:id:anogra:20210716174256j:image

 

くくる達よりもお姉さんだけあって

皆のことをよく見ているし、

フォローも上手いなぁ。

 

 

 

 

ここでがまがま水族館が

閉館するかもしれないことを

初めて知る風花。


f:id:anogra:20210716174324j:image

 

「がまがま水族館はくくるの夢」

「夢を守ろうと頑張っている」

 

「夢」というワードに反応し、

そこから表情が変わる風花。

 

自分も結果はどうであれ

夢と向き合ってきたから

思うところがあるのか。

 

 

 

 

 

「閉館とききましてぇ~」

「お困りかとおもいましてぇ」


f:id:anogra:20210716174417j:image
f:id:anogra:20210716174443j:image

 

五月蠅いさっさと帰れ。

 

 

限られた時間の中で...

 

あそこの手続きをしなければならない

電話のやり取りをしないといけない

あれを片付けないといけない

 

...とやることがいっぱいの時に

 

旨い汁啜ろうと集ってくる人達

本当迷惑なんだよね...。

 

 

 

こっちは忙しいんだと、

 

あんた達が変わりにやるべき作業を

進めてくれる訳じゃないんだから

邪魔をするなと

 

ニッコニコ笑顔で対応しながら

いつも思っていたり。

 

 

 

 

ボード壊しおった...。


f:id:anogra:20210716174451j:image

 

餌やりの際に

くくるの生き物達への思いを

 

朝、くくるのお客さんへの思いを

 

そして先程、夏凛さんから

くくるの夢への思いを聞き...

 

 

 

 

 

「最低、帰れ、二度と来るな」

 

 f:id:anogra:20210716174447j:image
f:id:anogra:20210716174340j:image

 

パワフルな人だなぁw

 

 

 

 

自分の中の空っぽを埋めてくれる

「何でもいいもの」の一つとして

考えていた飼育員の仕事。

 

 

けれど、くくるの思いを知って...

 

 

ここで初めて、風花がこの水族館の為

真剣になれた様な気がする。

 

 

 

 

そしてその真剣な気持ちは

くくるにも伝わった筈。


f:id:anogra:20210716174433j:image
f:id:anogra:20210716174437j:image

 

女将さんのビンタ攻撃!×2

くくるの表情も

少し明るくなった気がする。


f:id:anogra:20210716174248j:image

 

風花の歓迎会をやることに。

夏凛さんが飲みたいだけでは...


f:id:anogra:20210716174326j:image

 

空也さんも酒好きか。

 

くくるのおばあの梅酒好き、と。

梅酒美味しいよね...。


f:id:anogra:20210716174140j:image

 

ゴーヤの天ぷら食べてみたい。


f:id:anogra:20210716174336j:image
f:id:anogra:20210716174303j:image

 

櫂君も手伝ってくれることに。


f:id:anogra:20210716174203j:image

 

貴重な男手確保。

 

 

 

 

 

 

その後、2人きりに。


f:id:anogra:20210716174333j:image

 

くくるの夢を聞いた後に

風花も自分の過去を話はじめる。

 

 

 

自分の夢は

終わってしまったけれど...


f:id:anogra:20210716174453j:image

 

今は、誰かの夢を応援したい。

 

くくるの夢はまだ終わってないから

夢を諦めてほしくない。


f:id:anogra:20210716174310j:image

 

くくるの夢を手伝うことに。


f:id:anogra:20210716174306j:image

 

 

 

 

EDも大好き。


f:id:anogra:20210716174358j:image

 

 

 

【その答えを待っていた...!】

 

くくるがずっと

風花に求めていたのは

 

上手く生き物達の世話ができるか

...ということではなくて

(勿論上手く出来るのなら

それは有難いだろうけれど) 

 

本気で水族館で働きたいという

気持ち・姿勢だっかのかな、と。

 

 

事前に餌やりの方法を調べていたり

 

爪や化粧、匂いには気を付けるべき

であることも調べていたりすれば

 

そういった場面でやる気を、

良い印象を与えるチャンスは

あったのだろうなぁ。

 

 

 

命を管理する仕事だと、

それを理解しているからこそ

 

働きたいという風花から

その気持ちを言葉なり姿勢なりから

伝えて欲しかったのかも。

 

 

 

風花は、自分は夢を失ったと

そう言ったけれど

 

このがまがま水族館で働くこと、

守っていくことが

新しい夢になれば良いなぁ。

 

 

 

 

 

 

Next...>>>

ano-manablo.hatenablog.com